Yet Another AEther Vortex

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Yet Another AEther Vortex (3)(赤)(赤)
エンチャント

すべてのクリーチャーは速攻を持つ。
プレイヤーは自分のライブラリーの一番上のカードを公開した状態でゲームをプレイする。
いずれかのライブラリーの一番上にあるインスタントでもソーサリーでもないカードは、そのライブラリーにあるのに加えてオーナーのコントロール下で戦場に出ている。


未来予知/Future Sightアンヒンジド風味にくなったらこうなってしまった。

ライブラリーの一番上パーマネント・カード戦場に出ていることになり、全体への速攻まで付く。非常に強力な効果だが、対戦相手も恩恵を受けるため出した後はのんびりしていられない。

これを活用するには、デッキに「出せさえすれば大幅に有利になる」カードを入れておき、渦まく知識/Brainstorm俗世の教示者/Worldly Tutorなどのライブラリー操作カードで支援することになるだろう。またライブラリーの一番上を継続的に操作できるカードとシナジーをなすようにするのも強力で、後述のリンクのページではこのカードに霊安室/Mortuary髪張りの琴/Hair-Strung Kotoを加えた無限コンボが示されている(ただしもっと単純に、例えば霊安室とモグの狂信者/Mogg Fanaticでも無限ダメージである)。能動的に繰り返しライブラリーの一番上にカードを置ける罪の償い/Penance逢魔が辻/Haunted Crossroadsと組むのもよいだろう。

  • 印刷されたカード名は「Yet Another Æther Vortex」。カラデシュ発売に伴うオラクル更新により、カード名に「Æther」を含むカードはすべて合字を用いない表記に変更されたのだが、このカードは銀枠であるためか変更されていない。ただし、「アン・ルール・マネージャー」であるMark Rosewaterによれば、このカードにも合字の廃止は適用されるとのこと(参考)。
  • 書いてあること自体はそんなに長くないのだが、ルールは後述の通りなかなかややこしい。なお、あくまで最初から銀枠向けとして作ったものであり、流石に「黒枠でボツになったから銀枠で出した」というものではなかったとのこと(参考)。
  • 「Yet Another」は"また別の""もう一つの"という意味だが、あちらのネット界隈では"公式に対するもう一つの(回答)"すなわち非公式な存在を指す。
  • 英語のフレイバー・テキストは、"Flavortext"という単語の中に"vortex"が含まれているというもの。日本語の準公式訳を当てるのは難しかったであろう。
It puts the "vortex" in "flavortext."
こいつは"フレイバー・テキスト"に"トイレ"とか"ステキ"を放り込む。

[編集] ルール

さらにもうひとつのアンヒンジドのプレビュー 未来予知? うんにゃ、 現在予知さ。(Wizards社;英語)による。

上記の記事で明確に述べられていない問題として、ライブラリーの一番上のカードを直接戦場に出す効果(例えば野生の呼び声/Call of the Wildムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Dayaなど)との併用時の処理が挙げられる。戦場(として扱っている領域)から戦場に移動した、ということであるため、「移動しなかったように扱う」か「改めて戦場に出たものとして扱う」か、どちらかの解釈となるだろう。

  • 前者なら、ETB能力などが誘発しないことを悪用する、スタイフルノートのような運用ができる。後者なら、改めて戦場に出ることで位相などがリセットされることを悪用できる。例えばこれとムル・ダヤの巫女がある状態ならば、1枚の土地マナ能力を、ライブラリーの一番上で1回、プレイして戦場でもう1回、合計2回起動できる。
  • このような問題が発生するのは、黒枠ではありえない「一つのカードが二つの領域(戦場とライブラリー)に同時に存在する」ということが起きているためともいえる。(未来予知/Future Sightの場合は、ライブラリーの一番上から唱える=ライブラリーの一番上から直接スタックへ移動することを許すだけなので問題にはならない。)

[編集] 参考

QR Code.gif