Eureka

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Eureka (2)(緑)(緑)
ソーサリー

あなたから始めて、各プレイヤーは自分の手札にあるパーマネント・カード1枚を戦場に出してもよい。この手順を誰も戦場にカードを出さなくなるまで続ける。


手札にあるカードをノーコスト戦場に出せる呪文

黎明期のカードだけあって、らしくないともいえる。一応これが通れば打ち消しを恐れずにパーマネントを出せるので対策といえないこともないが、これ自体を打ち消されては意味がないし、また逆に展開の遅さに苦しむ青の手助けにもなりかねないので、その面では一長一短。

  • 英語読みでは「ユーリーカ」、日本では下記のギリシア語発音と共に「エウレカ」「ユーレカ」と読まれることが多い。ギリシャ語で"I have found (it)."の意であり、アルキメデスがSyracuse王の王冠の黄金純度を測定する方法を発見したときの叫び声として有名。アルキメデスが物体の比重の法則を風呂に漬かっていて発見した瞬間、興奮のあまり風呂を飛び出して「分かった!分かった!(ユーレカ!ユーレカ!)」と騒ぎながら町中を走り回ったという。
    • 元のギリシア語の発音は「ヘウレーカ」が近い。ギリシア文字には[h]の音価を持つ文字がなく、有気記号(’を左右反転させた様なもの)を母音に添えて表記していた。しかし他の西欧語に持ち込まれる際にこれが外れてしまったため、heurekaではなくeurekaとなった。ハルマゲドン/Armageddonも同じ理屈である。

[編集] 関連カード

Eurekaの流れを汲む、パーマネント・カードを直接戦場に出すカード。ただしEurekaとは異なり、以下はいずれもプレインズウォーカー・カードを出すことはできない。

[編集] 参考

QR Code.gif