実物提示教育/Show and Tell

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Show and Tell / 実物提示教育 (2)(青)
ソーサリー

各プレイヤーは、自分の手札にあるアーティファクト・カードかクリーチャー・カードかエンチャント・カードか土地カードを1枚、戦場に出してもよい。


3マナで好きなカード手札から戦場に出すことのできる呪文Eureka適正化&バランス見直し版であったのだが、それでも十分な脅威となった。

お互いに手札のカードを戦場に出すため、自分はこの呪文を使用した分カード・アドバンテージの面では自分のほうが損になり、対戦相手の出すカードしだいではこちら側が不利になってしまう。しかし、対処が不可能なほどの大型クリーチャーや、そのターンに即死コンボを決めるためのコンボパーツを戦場に出すことができれば、それらのデメリットは帳消しになってしまう。

分かりやすい例は、MoMaにおいてドリーム・ホール/Dream Halls禁止カードに指定された後、精神力/Mind Over Matterを戦場に出す手段として使われた(→実物提示モマ)。その他、ズヴィバーゲンなどのバーゲンデッキで裏のエンドカードとも呼ばれたヨーグモスの取り引き/Yawgmoth's Bargainを戦場に出す手段としても用いられた。

レガシーでは、グリセルブランド/Griselbrand引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Tornなどのファッティや、全知/Omniscienceなどのコンボパーツを戦場に出すための手段としてよく採用されている。→Show and Tell集団意識

  • アクティブ・プレイヤーからターン進行順にカードを選んでいき、その後選ばれたカードを同時に戦場に出す(APNAP順ルール)。手札のどのカードを選んだか明確な限り、実際に戦場に出すまでカードを公開する必要はない。
    • 戦場に出るに際して何かするカードは、互いにカードを公開してから処理される。たとえば、真髄の針/Pithing Needleを出す場合、相手の出すカードを見てからカード名の指定ができる。
    • 「同時に出す」ため、クローン/Cloneなどを出す場合は相手の出すカードのコピーになることはできない。相手が出すカードはまだ戦場に存在しないため。
  • 日本選手権99では、MoMaメタでサイドボードから投入された偏頭痛/Megrimを出されたが、MoMa側が出したのは新緑の魔力/Verdant Forceだったという話がある(いわゆるV作戦)。
  • エクステンデッドで使えた時期は、手札に来たファッティを素出しする手段として入りのリアニメイトに投入されることもあった。
  • ショー・アンド・テルとはアメリカなどで低学年の児童に行われる教育科目のこと。児童が家から持ってきた物にまつわるエピソードを話すことで説明技術を養うのが目的。
  • 実物提示教育とは言うものの、レガシーやカジュアルでは上述したグリセルブランドやエムラクール以外にも、大祖始/ProgenitusGleemaxなどが飛び出してくる。もはやアカデミーは「逃げて隠れて」どころの騒ぎではない。
アカデミーの教室で「見せて教える」と、たいてい「逃げて隠れる」大騒ぎになってしまう。

[編集] 参考

QR Code.gif