2サイクル

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

2サイクル/2-Cycle Hybrid Standardは、構築に分類される非公式フォーマットの1つ。別名2CHD。巨大掲示板群2ちゃんねる(2ch)から生まれたので、同掲示板利用者からは旧名称の2chだーどとも呼ばれる。

元は周囲に引退者が増えてきた現状に対して遊べる場を提供しようと、有志によって議論が交わされて作られた物。

目次

[編集] 解説

初心者にも、トーナメントプレイヤーにも、引退者にも、カジュアルプレイヤーにも、 つまりマジックを好きな全ての人が楽しめるようなフォーマットとして考案された。

ルール的な問題点はいくつかあるものの、カジュアル志向のフォーマットなので、仲間内で楽しむ分には問題はないだろう。

基本セット+2つのエキスパンション・ブロックを選択し、その中に収録されているカード群でデッキを構築する。

例1)第4版アイスエイジ・ブロックミラージュ・ブロック
例2)第6版ミラージュ・ブロックオンスロート・ブロック

その他の構築ルールは通常の構築戦のルールに準拠する(デッキ枚数60枚以上、同カード4枚以下、サイドボードは0か15枚)。

  • フォーマットはタイプAとタイプBに分かれている。

[編集] タイプA

古のセットから最新セットまで、ほとんどのカードが使用可能(アングルードアンヒンジドプロモーション・カードにのみ存在するカードは不可)。

禁止カード

[編集] タイプB

第4版/アイスエイジ・ブロック以降のカードが使用可能。

試験的に禁止カードが定められている。

禁止カード(2007.07.01現在)

[編集] 補足

  • タイプAをトーナメント形式で遊ぶ場合、レガシー形式で採用される禁止カードにいくつかの例外を設けて禁止カードとして扱われることが多い。
  • タイプBの場合も一部では禁止カードをレガシー準拠としている。

[編集] 傾向

  • 過去、スタンダードで使われたデッキもよく持ち込まれる。
    • 押入れに眠っていたデッキをそのまま持ち込むことも可能であり、特に過去のプレイヤーにとって敷居が低い点がありがたい。
  • カード・プールが広すぎるヴィンテージレガシーでは通用しないものの、スタンダードやエクステンデッドでは実現ができなかったコンボシナジーが見出され、成果を挙げることがある。リーガル・レギュレーションで実用に耐えなかったファンデッキレベルのシナジーを発掘させることが、このレギュレーションのひとつの大きな醍醐味である。
  • 広いカード・プールの中から自ら使用するブロックを選べるという特性と、レギュレーションの成熟度がまだ浅い点から、現時点ではまだ際立ったメタゲームが確立していない。
  • 「あのカードがこのブロック(基本セット)にあれば……」と悩むのが、このフォーマットのデッキ構築時に頭を抱えるところ。使いたいシナジーやコンボを構成するカードが3つ以上のブロックにまたがっている場合は、どれかを捨てることを決断しなければならない。
  • 2つ目・3つ目のエキスパンションがまだ発売されていないブロックを選択すると、なんだか損した気分になる。

[編集] 参考

QR Code.gif