精神力/Mind Over Matter

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mind Over Matter / 精神力 (2)(青)(青)(青)(青)
エンチャント

カードを1枚捨てる:アーティファクト1つかクリーチャー1体か土地1つを対象とする。あなたはそれをタップまたはアンタップしてもよい。


当時のスタンダードを、先攻後攻決めのコイン投げの結果が勝敗を左右するとまで言わせたMoMaキーカード

全ての手札マナ・コストなしで使えるぐるぐる/Twiddleに変化する、といった能力を持つ。この時、問題となるのがパーマネントアンタップする能力で、あらゆるタップ能力が手札の限り使い放題になってしまうのだ。特に対象が複数のマナが出る土地マナ・アーティファクトの場合、手札1枚が複数マナに変換される。そこからXドロー等、ドロー呪文を連発し、それをマナに変換、さらにドロー、と繰り返していけばとんでもない量のマナが得られる、という寸法である。

エクソダス発売当初から効果の強力さは問題視されていたが、これ自体は6マナ重く、一気に手札を補充するカードや決定打となる呪文が無かったためあまり大きな成果は出なかった。増産が難しい青マナクァドラプルシンボルであるため、戦場に出しにくかったのも一因だろう。

しかし、ウルザズ・サーガで大量の青マナを容易に生み出すトレイリアのアカデミー/Tolarian Academyと、減った手札を一気に補充できる7枚ドロー・カードの意外な授かり物/Windfall時のらせん/Time Spiral、そしてXドローと勝利手段を兼ねる「X火力天才のひらめき/Stroke of Geniusが登場したことにより状況が一変する。マジック史における最大の失態ともいえるデッキ―MoMaが登場し、環境は瞬く間に青一色に染まってしまった。

それに対し、いったんはマナ加速カードやドローカードを禁止カードにすることで対処がなされた。それでも代用カードでMoMaを諦めることのないプレイヤーがいたため、ついにこのカード自身も禁止カードとなり、MoMaは完全に表舞台から姿を消した。

1999年7月1日より、スタンダード禁止。同年10月1日より、タイプ1(現ヴィンテージ)で制限エクステンデッドで禁止されたが、ヴィンテージでは2005年9月20日に制限解除された。レガシーではフォーマット設立時(2004年9月20日)から禁止カードであったが、2007年6月20日より禁止解除。

[編集] 利用

効果自体は非常に強力で、かつ戦場に出すことさえできればすぐに上述のコンボを開始することができる。しかし青のクァドラブルシンボルであるため戦場に出すのは通常では難しく、一工夫が必要である。その方法は、主に以下の二種類に分かれる。

  1. 青マナを大量に出せるカードを利用する:最初期のアカデミー型やエクステンデッドハイタイドモマなど。これらはコンボの準備段階に使用したアカデミーやHigh Tideをそのまま精神力の大量マナ生成に利用できる利点がある。
  2. 精神力のマナ・コストを無視して戦場に出す:中期のドリームホールモマや最後期の実物提示モマなど。特にドリーム・ホール/Dream Hallsはドロー手段にも利用することができたため、複数のフォーマットで禁止カードに指定されている。
  • スタンダードでは禁止の時期により使用できなかったが、アカデミーの学長/Academy Rectorで戦場に出すのもよいだろう。
  • MoMaのキーカードでありながらデッキに3枚が標準、2枚にまで削るタイプもあった。精神力を戦場に出す前にもドローカードを連打する事が多く、すぐに手札に来るためである。(直観/Intuitionサーチに併用するため、3枚搭載が基本となる)
  • 一時は多くのフォーマットで禁止カードや制限カードになっていたが、2007年06月20日以降はエクソダスリーガルである全てのフォーマット(エターナル)で4枚使う事が可能になっている。トレイリアのアカデミーという凶悪な相棒さえ居なければ並以下と言う事だろうか。MoMaに使用するためなら、上記の通り制限カードでもそれほど困らない、という面もある。

[編集] その他

[編集] 参考

QR Code.gif