電結の荒廃者/Arcbound Ravager

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Arcbound Ravager / 電結の荒廃者 (2)
アーティファクト クリーチャー — ビースト(Beast)

アーティファクトを1つ生け贄に捧げる:電結の荒廃者の上に+1/+1カウンターを1個置く。
接合1(これはその上に+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。それが死亡したとき、アーティファクト・クリーチャー1体を対象とする。あなたは「その上にそれらの+1/+1カウンターを置く」ことを選んでもよい)

0/0

アーティファクト生け贄に捧げることで+1/+1カウンターを置くことができる接合持ちアーティファクト・クリーチャーダークスティールトップレアの1枚で、最強の0/0クリーチャーとも謳われる。

シンプルながら強力な起動型能力が最大の売り。起動マナなどのコストが不要なため、生け贄用のタネさえあれば常に柔軟に立ちまわることができる。アーティファクトへの除去対応してそれを生け贄に捧げたり、チャンプブロック後のアーティファクト・クリーチャーを生け贄に捧げたりなど、ほぼタダ同然で+1/+1カウンターが置かれることが多い(ダークスティール当時のルールでは、いわゆる当て逃げも可能であったため、より厄介な能力であった)。また、自身を生け贄に捧げて他のアーティファクト・クリーチャーを接合で強化することもできるので、全体除去ならともかく、これに単体除去を撃つ利点も少ない。おかげでこれが戦場にいるだけで単体除去呪文唱える方が損をするという、わけのわからない状況になってしまうのである。

その名の通り、当時のスタンダード環境を荒廃させてしまったカードデッキの大半をアーティファクトで固めた親和デッキとの相性は抜群であり、電結親和の基盤となった。電結の働き手/Arcbound Workerなどの他の接合持ちとも相性がよく、また、アーティファクトを生け贄に捧げる能力と大霊堂の信奉者/Disciple of the Vaultとのシナジーにより対戦相手ライフを一気に失わせることができる。極めつけは頭蓋骨絞め/Skullclampで、全てのアーティファクト・クリーチャーが1マナ2ドローに変換される。

同様な能力を持つカードとしてエイトグ/Atogがあるが、エイトグは爆発力がある代わりに修整ターン終了時までなので、接合を持つ電結の荒廃者が優先される場合が多い。ただし、アーティファクト破壊を嫌ってエイトグが使われる場合もあり、メタ次第といったところか。

モダンにおいては除去への対抗策という基本的な使い方はもちろん、墨蛾の生息地/Inkmoth Nexusを強化することで一撃で毒殺する強力な奇襲手段としての役割も持ち、親和デッキの完成度を高めている。

ヴィンテージにおいてはMUDなどで少々採用される程度だったが、霊気紛争歩行バリスタ/Walking Ballistaが登場してからは状況が一変。Moxやマナ拘束アーティファクトを餌に、歩行バリスタに大量の+1/+1カウンターを乗せることができるため、キルターンの大幅な短縮に成功した。その影響は、このカードが入ったワークショップを「Ravager Shop」と言うことがあるほど。

登場当初から強力を通り越して凶悪と評価されていたが、2005年3月20日からスタンダード禁止カードに指定される。さらに2006年3月20日からミラディン・ブロック構築でも禁止。

[編集] 参考

QR Code.gif