最後の言葉/Last Word

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Last Word / 最後の言葉 (2)(青)(青)
インスタント

最後の言葉は呪文や能力によって打ち消されない。
呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


打ち消されないカウンター呪文。もっと言えば確定カウンターを超える確定カウンターである。

対戦相手キーカード打ち消す目的で使う分には優秀で、大抵はこれ1枚で沈黙させることが可能。逆に、こちらの呪文を対戦相手のカウンター呪文から守る場合はあまり有効とは言えない。相手は元々打ち消したかったこちらの呪文にさらにカウンターを重ねる事が可能なためである。

発表時はゲームぎゃざ誌上等で強力なカードと騒がれたが、重いことやパーミッションが組みづらい環境だった事が災いしてか、ダークスティールにて発売直後からカードとしての価値は大きく下落し、フィフス・ドーン発売時には当初の半分位の額にまで下がってしまっていたようだ。その後ヴィダルケンの枷としてミラディン期のパーミッションが完成すると、このカードもきちんと利用された。

いつか、誰かが私を打ち負かすだろう。 だがそれは今日ではないし、お前にでもない。

[編集] 参考

QR Code.gif