熟練の戦術家、オドリック/Odric, Master Tactician

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Odric, Master Tactician / 熟練の戦術家、オドリック (2)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

先制攻撃(このクリーチャーは、先制攻撃を持たないクリーチャーより先に戦闘ダメージを与える。)
熟練の戦術家、オドリックと少なくとも3体の他のクリーチャーが攻撃するたび、あなたはこの戦闘でどのクリーチャーがどのようにブロックするかを選ぶ。

3/4

基本セット2013伝説のクリーチャーサイクル侵略計画/Invasion Plans手練れの戦術/Master Warcraftの流れを汲む、ブロック・クリーチャー指定をこちらで行えるという熟練の戦術家の名にふさわしい能力を持つ。

実質的に全攻撃クリーチャーアンブロッカブルとなる上、ブロック・クリーチャーに一方的に不利な戦闘を強制することも可能。劣勢の巻き返しにこそ使えないが、優勢時のダメ押し、膠着状態の打破において、ダメージレースを容易に制圧できる能力である。オドリック自身がパワー3の先制攻撃持ちであるため、「引きずり出す」「狩る」という2つの役割を兼ねているのも魅力。

誘発条件は自身を含めて4体以上のクリーチャーが必要と、やや厳しい。効果を高めるという点も含め、とにかく数を並べることを要求するカードであり、できればトークン生成手段などでサポートしたいところ。

クリーチャーの殴り合いゲームの中心となるリミテッドでは強力なエンドカード。最悪消耗戦になったとしても、単体でも十分な戦闘性能を持っているのは嬉しい。

一方構築では、4マナと少し重く除去などで条件達成を妨害されやすいにもかかわらず、限定的な局面でしか機能しないのが問題で、刃砦の英雄/Hero of Bladeholdなどに汎用性の面で劣る。綺麗に決まった時の強さはあるので、白ウィニー系のデッキでは選択肢になり得るか。

[編集] ルール

  • ブロックを選ぶのは誘発型能力が生み出す継続的効果である。能力が誘発した後にオドリックが除去されても、その戦闘中はあなたがブロックを選ぶことができる。
  • ブロック制限ブロック強制には従わなければならない。タップ状態のクリーチャーや「ブロックに参加できない」系のペナルティ能力を持つクリーチャーはブロックに参加できないし、飛行を持たないクリーチャーは飛行を持つクリーチャーをブロックできない。
  • ブロック可能なクリーチャーをブロックに参加させない選択も適正である。
  • マイアの試作品/Myr Prototype知恵への怯え/Cowed by Wisdomのような、「コスト支払わないとブロックに参加できない」能力に対して、その支払いを強要することはできない。あなたはそのようなクリーチャーをブロック・クリーチャーに指定することができるが、そのコストに関して対戦相手が支払わないことを選んだ場合、そのブロックは不適正となりあなたは別のブロックの組み合わせを提案しなければならない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2013伝説のクリーチャーサイクル。いずれもレアで各に1枚ずつ存在する。

[編集] ストーリー

オドリック/Odricイニストラード/Innistradに住むアヴァシン教会/The Church of Avacyn聖戦士/Cathar。優れた指揮官であり、「熟練の戦術家/Master Tactician」などの肩書きを持つ。

詳細はオドリック/Odricを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif