トロール

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

トロール/Trollは、クリーチャー・タイプの1つ。醜い容姿と並外れた自然治癒力を有する怪物。


Albino Troll / アルビノ・トロール (1)(緑)
クリーチャー — トロール(Troll)

エコー(1)(緑)(あなたのアップキープの開始時に、これが直前のあなたのアップキープの開始時よりも後にあなたのコントロール下になっていた場合、そのエコー・コストを支払わないかぎりそれを生け贄に捧げる。)
(1)(緑):アルビノ・トロールを再生する。

3/3


Golgari Grave-Troll / ゴルガリの墓トロール (4)(緑)
クリーチャー — トロール(Troll) スケルトン(Skeleton)

ゴルガリの墓トロールは、あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚につき、その上に+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
(1),ゴルガリの墓トロールから+1/+1カウンターを1個取り除く:ゴルガリの墓トロールを再生する。
発掘6(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど6枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)

0/0


Thrun, the Last Troll / 最後のトロール、スラーン (2)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — トロール(Troll) シャーマン(Shaman)

この呪文は打ち消されない。
呪禁(このクリーチャーは、あなたの対戦相手がコントロールする呪文や能力の対象にならない。)
(1)(緑):最後のトロール、スラーンを再生する。

4/4

初出はリミテッド・エディション。初登場の2体はで3体目はだったが、現在はとそれを含む多色に多く見られるクリーチャーとなっている。

中堅どころのサイズのものが多い。高い治癒力が能力としても反映されており、大多数が再生、あるいはそれに類する能力を持つ。

伝説のトロールは最後のトロール、スラーン/Thrun, the Last Troll縞痕のヴァロルズ/Varolz, the Scar-Stripedの2体(ドラゴンの迷路現在)。

[編集] ストーリー

北欧の民間伝承に登場する妖精、あるいは怪物の一種である「トロル」がモデル。広く各地に伝わっているものの、伝承における描写は地域によってまちまちであり、いたずら好きな小さい妖精であるとする地方もあれば、毛むくじゃらの獰猛な怪物で人を襲って食べてしまうとする地方もある。マジックを含む創作ファンタジーの業界では後者をベースとすることが多く、今日では「醜い容姿と並外れた自然治癒能力を持つ怪物」として描写されることが多い。マジックでは前者に相当するフェアリーが既におり、それとの差別化という事情もあるだろう。イーブンタイドに登場したトロウ/Trowも、同じ発祥のものが別の地方で別の伝承となったものとされることから、クリーチャー・タイプはトロール/Trollに統一されている。

様々な次元/Planeに生息し、ほとんどが野蛮で獰猛、好戦的。比較的人型を保っているものもいるが、もはやほぼ獣(もしくはなんとも表現しづらい奇妙な怪物)の姿のものも珍しくない。人間エルフなどの肉を好んで食べるものも多く、ラヴニカ/Ravnicaではゴルガリ団/The Golgariが死体処理に利用している。

ミラディン/Mirrodinのトロールはそれらとはかなり違っており、極めて高い知性と独特の精神文化を持つことで知られる。彼らはミラディンの歴史をテル=ジラード/Tel-Jiladに刻むことを使命としており、余所者と関わることはほとんどない。後に大消失/the Vanishingによってほぼすべてのトロールを失い、そのまま絶滅した(と思われている)。

[編集] 参考

QR Code.gif