巨像の鎚/Colossus Hammer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Colossus Hammer / 巨像の鎚 (1)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+10/+10の修整を受け飛行を失う。
装備(8)((8):あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、これをそれにつける。装備はソーサリーとしてのみ行う。)


どんなクリーチャー巨像並みのサイズにしてしまう装備品。ただしあまりに重いせいか飛行を失ってしまう。

圧倒的な修整により、どんなクリーチャーでもフィニッシャーに早変わり。ただし当然、装備コストが非常識なまでに重い。8マナも出せるくらいなら、他にいくらでも勝利手段が用意できる。

構築での実用性を考えると、馬鹿正直に8マナを捻出して使うのは非現実的であり、コンボによって活用するのが前提となるだろう。幸いにしてマナ・コストだけなら1マナと軽いため、「戦場に出す」ところまでは容易であるため、その先の「装備する」ところを何とかすればよい。大別して、

  1. 装備コストを踏み倒す手段を用いる。
  2. 他のカードコピーにする手段を用いる。
    1. 「あらかじめ装備させておいた装備品を、これに変える」ことで、無理やり装備している状態を作り、一撃入れることを狙う。
    2. 「これを、装備コストが軽い装備品に変える」。その状態で装備し、コピーに変更する効果が切れるのを待つ。

という方向性が考えられる。

スタンダードではアーティファクトを他のアーティファクトのコピーに変更する能力を持つ崇高な工匠、サヒーリ/Saheeli, Sublime Artificerと共存しているのが追い風。1ターン目にこれを出し、2ターン目に供犠の仮面/Mask of Immolationを出した後、3ターン目にサヒーリの忠誠度能力クリーチャートークンが装備している供犠の仮面をこれのコピーにしてしまえば最速で使える。少々重いが、手慣れた複製/Masterful Replicationがあれば装備品すべてをこれのコピーにできる。

モダン以下の環境では純鋼の聖騎士/Puresteel Paladinコーの装具役/Kor Outfitterシガルダの助け/Sigarda's Aidなどの相性のよいカードが多数存在するためより工夫の余地が大きく、ジョニー魂の見せ所。実際、シガルダの助けとの組み合わせはハンマータイムというデッキとして成立した。

リミテッドではコンボパーツが揃いにくいので8マナに到達できるまでは何もしない置物になりがち。名高い武器職人/Renowned Weaponsmithなどマナ加速手段をピックできれば採用を検討できるか。

  • クリーチャーが巨像の槌を装備した後に、そのクリーチャーに天使の贈り物/Angelic Giftなど他の継続的効果が飛行を与えたなら、その飛行は失われることはない。
    • 装備品のタイムスタンプはクリーチャーに装備されるごとに更新されることに注意。一度巨像の槌がはずれて再びそのクリーチャーに装備し直されたなら飛行を失うことになる。

[編集] 参考

QR Code.gif