トレード

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

トレード(Trade)は、カードを交換すること。マジックをはじめとする様々なトレーディングカードゲームの魅力の1つ。 余っているカードや自分が使わないカードを、欲しいカードに変えるために有効な手段である。

カード販売店に併設されているデュエルスペースや、大きな大会などで設置されるトレードスペースで行われている。 また、インターネット上でもトレード専用の掲示板がいくつも存在する。 積極的に参加してみたり覗いてみたりすると思わぬ収穫があるかも知れないが、悪いことをたくらむ輩も多いので気をつけよう。

  • 店内や近辺でのトレードを禁止している場合があるので店のルールを確認した上でトレードしよう。
  • カードの状態の良し悪しもカードの価値に関わってくる事が多いので、良く確認してトラブルが起きないように気をつけよう。
  • 初心者を騙して自分が一方的に得するようなトレードをする事をシャークと言う。当然ながら推奨される行為ではない(最悪の場合、詐欺罪になる)。
  • カードを金銭と交換するものは「金銭トレード」と呼ばれる。こちらはトラブルを誘発しやすい上に、古物営業法(→参考)に抵触しかねないので、禁止しているデュエルスペースや掲示板が多い。
  • こだわり派のプレイヤーやコレクターは、同じカードの言語違いやエキスパンション違いでのトレードを希望する例もある。

[編集] 参考

QR Code.gif