失格

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

失格/Disqualificationは、マジック違反処置指針に規定される罰則の一つであり、イベント全体の完全性に損害を与えるような行為、重大な非紳士的行為に対して与えられる。

この罰則が適用されると、プレイヤーはその現在のマッチに敗北し、トーナメントから除外される。プレイヤーが失格となる前に手にしていた賞については返還の義務を負わないが、追加の賞を受け取ることはできなくなる。

【失格】を出すのはヘッド・ジャッジであることが推奨されている。ヘッド・ジャッジは、失格をDCI調査マネージャーへ報告しなければならない。

プレイヤーが【失格】を受けた場合、そのプレイヤーはイベントから除外され、順位表示にも含まれることはない。従って、他のプレイヤーはその分だけ順位が上がり、その新しい順位に基づいて賞を受けることになる。ただし、足切りのあとで【失格】が与えられた場合、順位は繰り上がるが、次点のプレイヤーが追加ラウンドに進むことはない。例えば、プロツアー予備予選の準々決勝で【失格】が与えられた場合、9位のプレイヤーは8位になるが、トップ8のシングル・エリミネーション・ラウンドに進む権利は得られない。

  • 失格処分はそのイベントのプレイヤーだけでなく、観客に与えられることもあり得る。
  • 「Disqualification」の略で「DQ」と呼ばれることもある。
    • 同じくDQを略称とするコンピュータRPG「ドラゴンクエスト(Dragon Quest)」とは当然ながら無関係である。だが、同じ略称を持つことから転じて失格を表す隠語として「ドラクエ」「某有名RPG」などの表現が使われることがある。
    例えば失格者を多く排出した世界選手権06では、失格者を「竜退治に旅立った」と表現したり、失格者が増えるたびに「天空の花嫁」「幻の大地」などという表現がブログや掲示板などで使われていた。(両方ともドラゴンクエストシリーズのサブタイトルで、そのサブタイトルがついた作品のシリーズ数が失格者数を表している。詳しくはWikipedia:ja:ドラゴンクエストシリーズを参照。)

[編集] 旧ルール

ペナルティ・ガイドラインにおいては、現在の「失格」に相当する「受賞資格も失う失格」(DQP)と、順位表示にはそのまま残り、それに応じた賞を受けられる「失格」(DQ)の2つが罰則として定義されていた。

[編集] 参考

QR Code.gif