不浄なる者、ミケウス/Mikaeus, the Unhallowed

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Mikaeus, the Unhallowed / 不浄なる者、ミケウス (3)(黒)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — ゾンビ(Zombie) クレリック(Cleric)

威嚇(このクリーチャーはアーティファクト・クリーチャーかこれと共通の色を持つクリーチャー以外にはブロックされない。)
いずれかの人間(Human)があなたにダメージを与えるたび、それを破壊する。
あなたがコントロールする他の人間でないクリーチャーは、+1/+1の修整を受けるとともに不死を持つ。(不死を持つクリーチャーが死亡したとき、それの上に+1/+1カウンターが置かれていなかった場合、それを+1/+1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)

5/5

月皇ミケウス/Mikaeus, the Lunarchゾンビ化した姿。人間に対する無慈悲/No Mercyのような能力と、人間以外に不死と+1/+1修整与える能力、そして威嚇を持つ。

全体強化と不死付加で戦闘除去耐性両面をサポート、さらに自身も5/5威嚇とアタッカーとして役立つ。その性能はまさにエンドカード級。だがそれ相応にマナ・コスト重く色拘束も厳しい。単体でのフィニッシャーとしては自身に除去耐性もなく力不足なので、使うならば全体強化を生かせるデッキのほうがいいのだが、クリーチャーを並べるビートダウンにこのマナ・コストはどうにも重い。

人間キラー能力は見た目こそ強力だが、攻撃スルーして戦闘ダメージを食らう必要があり、かなり危険。登場時のスタンダードはかなり高速な環境で、6マナ揃うころはもはや終盤戦と言ってよく、その時点で人間デッキ総攻撃を耐えられるライフが残っているかは疑問が残る。

昨今、6マナならばタイタン・サイクルなどの強力クリーチャーが溢れており、それらと比べると多少の見劣り感は否めない。うまく機能した場合に強力なことは事実なので、ビートダウン戦略を生かしつつ自然な形で早く出す事ができれば良い働きをするかもしれない。心なき召喚/Heartless Summoning屋根の上の嵐/Rooftop Stormなどと相性が良いだろう。

リミテッドでは強力で、6マナ5/5威嚇と言うだけでも及第点。自分は動かず、他のクリーチャーを不死による相討ちOKの特攻部隊として働かせてもいいだろう。

[編集] 関連カード

[編集] ストーリー

ゲラルフ/Geralfに殺害された後、リリアナ・ヴェス/Liliana Vessの手によってゾンビとなったミケウス/Mikaeus

詳細はミケウス・セカーニ/Mikaeus Cecaniを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif