暴君への敵対者、アジャニ/Ajani, Adversary of Tyrants

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ajani, Adversary of Tyrants / 暴君への敵対者、アジャニ (2)(白)(白)
伝説のプレインズウォーカー — アジャニ(Ajani)

[+1]:クリーチャー最大2体を対象とし、それらの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。
[-2]:あなたの墓地から点数で見たマナ・コストが2以下のクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
[-7]:あなたは「あなたの終了ステップの開始時に、絆魂を持つ白の1/1の猫(Cat)クリーチャー・トークンを3体生成する。」を持つ紋章を得る。

4

基本セット2019で登場したアジャニ忠誠度能力は、クリーチャー2体までの単体強化小型クリーチャーリアニメイト、クリーチャー・トークン生成する紋章の獲得。

+1能力
戦いの覚悟/Gird for Battle相当の、+1/+1カウンターの配置。
アジャニのお家芸であるクリーチャー強化忠誠度を増やしながら同時に2体強化していけるため、対戦相手にとっては対処すべき脅威を3つ用意されるという厄介な能力。対象が2体いなければ最大限の効果を発揮しないため、常に複数のクリーチャーを用意できる構成のデッキで使いたい。例によって複数のトークンを並べられる手段とは好相性。
-2能力
立身/Claim相当のリアニメイト
+1能力の対象が不十分であれば、こちらの能力を使って頭数を確保したい。点数で見たマナ・コスト2以下という制約はあるものの、には優秀なウィニーが豊富であるため対象には事欠かず、息切れ防止や全体除去後のリカバリーとして重宝する。
-7能力
ターン絆魂持ち1/1トークンを生成する紋章。
かつての太陽の勇者、エルズペス/Elspeth, Sun's Championなどが証明する通り、毎ターン3体ものトークンを生み出せる効果はそれだけでゲームエンド級。紋章なので対処が困難で、絆魂によりダメージレースで不利になっていても巻き返しが可能とあって、決定力は非常に高い。

ウィニーデッキ向けに特化されたデザインであり、強化手段兼息切れ防止手段として強固に戦線をバックアップしてくれる。いずれの忠誠度能力もシンプルで使いやすく、無駄になることも少ないため、ウィニーに寄せすぎないデッキタイプであっても十分役に立つだろう。

登場時のスタンダードでは、善意の騎士/Knight of Graceベナリア史/History of Benaliaと共に白ウィニー系デッキに採用されている。ローテーション後も引き続き白ウィニーに採用されたほか、相性の良いセレズニア・トークンでも採用された。ラヴニカの献身追加後のセレズニア・トークンでは+1/+1カウンターとシナジーを持つ成長室の守護者/Growth-Chamber Guardianが登場し、これと併用するタイプも登場した。

[編集] ルール

+1能力
  • 「最大2まで」とあるため、対象を取らずに能力起動するのも適正である。クリーチャーを1体もコントロールしていない場面でも、忠誠度を増やすために起動することができる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2019プレインズウォーカーサイクル

1枚ずつの他、多色両面カード覚醒の龍、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, the Arisenが存在している。

[編集] ストーリー

詳細はアジャニ/Ajaniを参照。

[編集] 参考

QR Code.gif