寛大なる者、アジャニ/Ajani, the Greathearted

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ajani, the Greathearted / 寛大なる者、アジャニ (2)(緑)(白)
伝説のプレインズウォーカー — アジャニ(Ajani)

あなたがコントロールしているクリーチャーは警戒を持つ。
[+1]:あなたは3点のライフを得る。
[-2]:あなたがコントロールしている各クリーチャーの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個と、あなたがコントロールしている他の各プレインズウォーカーの上に忠誠(loyalty)カウンターをそれぞれ1個置く。

5

灯争大戦に登場したアジャニ常在型能力警戒付与。忠誠度能力ライフ回復カウンター配置。

常在型能力
セラの祝福/Serra's Blessingと同等の全体警戒付与。
これを含めた自軍のプレインズウォーカーを守りつつ、対戦相手のライフやプレインズウォーカーを狙いに行くことができる。-2能力で強化されたクリーチャーが全て警戒を持つことになるので、攻守に大きなアドバンテージを得られる。
+1能力
3点のライフ回復
勝利には直接寄与しないが、アグロバーンを相手にするなら、毎ターン使える3点回復は相手の計算を大きく狂わせることができる。それ以外の相手には効果は薄いので-2能力のための忠誠度増加と割り切るか、アジャニの群れ仲間/Ajani's Pridemate希望の夜明け/Dawn of Hopeなどの回復シナジーを利用したい。
-2能力
自軍のクリーチャー+1/+1カウンターを置き、自分以外のプレインズウォーカーに忠誠カウンターを置く。
このカードの中核となる忠誠度能力。ティタニアの加護/Titania's Boon鼓舞する咆哮/Inspiring Roar)相当の強化に加えて忠誠カウンターも乗るので、クリーチャーの打点向上、プレインズウォーカーの延命あるいは奥義までの忠誠度加速、自力で忠誠度を増やせない灯争大戦アンコモンのプレインズウォーカーの支援、増殖のタネの確保など様々な準備をこれ一つで行える。初期忠誠度から2回連打できるのも嬉しい。

互いに(少なくとも自分だけでも)クリーチャーが並んで睨み合う盤面や、ダメージレースを競う状況で真価を発揮し、1枚で状況を大幅に好転させられる力を持つ。一方でクリーチャーが少なくなりがちでライフも詰めてこない対コントロールでは貢献しにくいのが難点。

リミテッドでは腐りにくいため強力無比。デッキカラーが合うなら積極的に採用したい。一方、構築では常在型能力と+1能力が相手を選ぶ点が災いしてか、頻繁に見られるカードではない。暴君への敵対者、アジャニ/Ajani, Adversary of Tyrantsというライバルの存在も大きい。しかしながら、もコンセプトも合致するセレズニア・トークンなどでは採用する例が見られる。

[編集] ルール

-2能力

[編集] 関連カード

[編集] 開発秘話

このカードは元々、アンコモン混成プレインズウォーカーサイクル緑白であり、クリーチャー1体に+1/+1カウンター1個を置くマイナス能力だけを持つプレインズウォーカーとして作られた。キャラクターがアジャニになったのは、彼の魔法が他者を強化するものだからである。

後にすべてのプレインズウォーカーは常在型能力誘発型能力を持つことになり、このカードにはマイナス能力とのシナジーを持つ、警戒を付与する能力が追加された。さらにゲートウォッチ/The Gatewatchのプレインズウォーカーは全員レア以上とすることが決まり、アジャニの癒し手としての側面を表すプラス能力が追加され、マイナス能力も自軍のクリーチャーとプレインズウォーカー全体にカウンターを置くものに強化された[1]

[編集] ストーリー

詳細はアジャニ/Ajaniを参照。

[編集] 脚注

  1. War Games/大戦のゲームMaking Magic 2019年4月22日 Mark Rosewater著)

[編集] 参考

QR Code.gif