無限トークン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

無限トークン(Infinite Tokens)とは、無限トークンを生成すること(ただし、マジックには無限は存在せず、とりあえず有限の数を指定する必要がある。無限の項目を参照。)。


Splinter Twin / 欠片の双子 (2)(赤)(赤)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは「(T):このクリーチャーのコピーであるトークンを1体生成する。そのトークンは速攻を持つ。次の終了ステップの開始時に、それを追放する。」を持つ。



Deceiver Exarch / 詐欺師の総督 (2)(青)
クリーチャー — クレリック(Cleric)

瞬速(あなたはこの呪文を、あなたがインスタントを唱えられるときならいつでも唱えてよい。)
詐欺師の総督が戦場に出たとき、以下から1つを選ぶ。
・あなたがコントロールするパーマネント1つを対象とし、それをアンタップする。
・対戦相手1人がコントロールするパーマネント1つを対象とし、それをタップする。

1/4

他の無限コンボと違い、出すトークンのパワーが0でなければ次の自分のターン攻撃すれば他のカードが無くてもそのまま勝つことができる。もっとも、その前に全体除去などを撃たれるとそれまでなので、ゴブリンの砲撃/Goblin Bombardment暴徒の正義/Mob Justiceなどのすぐに勝負を決めるカードも一緒に使われることが多い。また、アシュノッドの供犠台/Ashnod's Altarによって無限マナに変換されることもある。

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

QR Code.gif