白茶単

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

白茶単(Artifact White)は、ウルザ・ブロック期に存在した茶単デッキ

[編集] 概要


Grim Monolith / 厳かなモノリス (2)
アーティファクト

厳かなモノリスは、あなたのアンタップ・ステップにアンタップしない。
(T):(◇)(◇)(◇)を加える。
(4):厳かなモノリスをアンタップする。



Armageddon / ハルマゲドン (3)(白)
ソーサリー

すべての土地を破壊する。



Enlightened Tutor / 悟りの教示者 (白)
インスタント

あなたのライブラリーからアーティファクト・カード1枚かエンチャント・カード1枚を探し、そのカードを公開する。あなたのライブラリーを切り直す。その後そのカードをその一番上に置く。


基本的な動きは赤茶単黒茶単などと同じ。

であることの最大の利点は、白の二大リセットボタンである神の怒り/Wrath of Godハルマゲドン/Armageddonにある。有り余るマナからこれらのリセットボタンを連発し、戦場をズタズタにするのがメインの戦略。中にはカタストロフィ/Catastropheまで投入し徹底するタイプも。ハルマゲドンの存在により、他の茶単でよく使われるミシュラのらせん/Mishra's Helixは使われないことが多い。

強力なサーチカードである悟りの教示者/Enlightened Tutorの存在も大きい。休眠エンチャントを投入したデッキも見られた。

同時期の茶単の中ではマイナーな部類に入る。神の怒りやハルマゲドンを使うものでも、赤茶単をベースに白はタッチするだけのものも存在した。

[編集] 参考

QR Code.gif