ドラフト点数表/次元の混乱

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

目次

[編集]

7点:エイヴンの裂け目追い/Aven Riftwatcher - C
ダメージレースに相当な差をつけられるカード。
5点:ベナリアの司令官/Benalish Commander - R
マナが相当程度溜まり且つこれが場に出るまで戦場をコントロールできれば最後の一押したり得るが、そこまでは厳しいだろう。
8点:隆盛なる勇士クロウヴァクス/Crovax, Ascendant Hero - R
死なない、サイズがある、有用な全体修整と白メインであれば極めて強力。
5.5点:暁の魔除け/Dawn Charm - C
汎用性があり、かなり頼りになるカード。
8点:塵の精霊/Dust Elemental - R
緊急回避としても使え、単なるデメリット持ちのファッティ以上の働き。戦場に出ればフィニッシャーである。
5.5点:幽霊の戦術家/Ghost Tactician - C
少々重いが、ある程度コントロール型のデッキでは活躍を見出せる。
3点:記憶に残る勇姿/Heroes Remembered - R
普通には扱いづらい上に効果もいまいち。
5点:幕屋の大魔術師/Magus of the Tabernacle - R
能力だけを見込んでの投入は厳しいがサイズは良好。序盤を耐えたい場合には相手の動きを制限できる。
3点:指導力のマントル/Mantle of Leadership - U
救出クリーチャーとの相性はよいが、それらがなければカードを1枚使ってまで付与したい効果ではない。
7点:淡色のマイコダーム/Pallid Mycoderm - C
タフネスと能力が相俟って小型?中堅クリーチャーが止まる。
6点:湿布スリヴァー/Poultice Sliver - C
単体では厳しいが、スリヴァーデッキなら+1点。
5点:不愉快の拒絶/Rebuff the Wicked - U
限定的ではあるが、除去の増えた次元の混乱では比較的有用。
4点:再拘束/Retether - R
オーラの採用の有無に左右されるが、強力なオーラが取れていれば検討の余地はある。
6点:裂け目抜けの騎士/Riftmarked Knight - U
速攻クリーチャーとしては重いが、選択性のある能力は評価できる。
7.5点:塩撃破/Saltblast - U
白には貴重な直接クリーチャー除去。
6点:塩平原の世捨て/Saltfield Recluse - C
毎ターン使え選択性のある修整効果で、印象ほど弱くない。
6点:セラの加護/Serra's Boon - U
除去としても強化としても使える汎用性は強い。
5点:トロウケアの影/Shade of Trokair - C
白が濃ければ+1~2点。中堅の柱として攻防に働く可能性がある。
8.5点:石覆い/Stonecloaker - U
クリーチャーを守れてこれ自身も優秀。
8点:嵐前線の乗り手/Stormfront Riders - U
繰り返し使えるトークン生成としても用いることができ、他のCIP能力持ちとの相性も良好。本体も強い。
8.5点:虚空石のガーゴイル/Voidstone Gargoyle - R
3/3飛行と単体で有力なスペックに加え、その時々の構成によって最も驚異であるカードを封じられる能力が強い。
7点:白たてがみのライオン/Whitemane Lion - C
単純な熊としては使いづらいが、コンバット・トリックとして二重に有効。

[編集] 白(タイムシフト)

9点:カルシダーム/Calciderm - U
除去されにくく非常に強力。特に序盤に出た時の爆発力がすさまじい。ダメージが通らなかったとしても、3体のブロッカー排除は十分な活躍。
7.5点:夜明けのマラク/Malach of the Dawn - U
再生できるほど白が濃ければ堅い。
5点:マナの税収/Mana Tithe - C
後半腐るが、序盤において呪文を打ち消せる機会は少なくない。
3点:メサの女魔術師/Mesa Enchantress - R
リミテッドでの活躍はきびしいか。
4点:菌類学者/Mycologist - U
タフネスが低く、能力も頼りない。ファンガスが相当数いれば採用の可能性はある。
6点:斑岩の節/Porphyry Nodes - R
優秀な軽量クリーチャーの多い白とはやや色が噛み合わない。重めのクリーチャー中心にデッキが仕上がったときや、相手が軽量クリーチャー中心だった場合にサイドインするのが適任か。
5点:有徳の死者/Revered Dead - C
ブロッカーが足りなければ。
7点:筋力スリヴァー/Sinew Sliver - C
単体でも2/2、他のスリヴァー採用の可否を分ける1枚。
8点:太陽の槍/Sunlance - C
相手が白単色でなければ優秀な除去、つまりほとんどの場合で有用。

[編集]

5点:永劫の年代史家/Aeon Chronicler - R
大活躍を見込むのは難しいが、硬直を打破するきっかけになり得る。
6点:水変化の精体/Aquamorph Entity - C
攻防両面で使え柔軟性のある一枚。パワーが5あれば中堅までのクリーチャーと相打ちにできる。
4点:オーラ術師の装い/Auramancer's Guise - U
防御寄りのオーラにカード一枚を費やすかどうかはデッキ内容に依存する。あまり積極的に投入したいカードではないだろう。
6点:影武者/Body Double - R
青のこの手のクリーチャーはピック内容に依存するところが大きいので積極的に採用することは難しいが、タイミングに依存するものの2体目以降のフィニッシャーとしての可能性がある。
4点:妖術の達人ブレイズ/Braids, Conjurer Adept - R
普通に使えば相手が得をする。自身が4マナ2/2と貧弱。このカードを見込んでデッキを重くするのも難しい。
9点:クロノゾア/Chronozoa - R
除去が遅れればそれだけでゲームが終わる。
2点:裂断術/Dichotomancy - R
リミテッドで有効に働くのは難しい。
5.5点:陰鬱な失敗/Dismal Failure - U
採用するかどうかはデッキ内容に左右されるが、アドバンテージの取れるカウンター。
6点:夢次元の芸術家/Dreamscape Artist - C
強力な圧縮能力。数回起動できれば潜在的に相当のアドバンテージが取れる。
7点:うつろう突然変異/Erratic Mutation - C
対象は慎重に選ばなければならないが、タフネス2程度のクリーチャーならばまず除去できる。
8.5点:ジョダーの報復者/Jodah's Avenger - U
汎用性の高さが異常。一度場に出れば攻防に活躍する。
4点:バザールの大魔術師/Magus of the Bazaar - R
手札が減る性質上多用はできないが、マッドネスが多めにあれば+1点。
6.5点:猿術/Pongify - U
除去として使用した場合、3/3は決して小さいとは言えない。擬似除去回避としても使える柔軟性に期待。
4点:現実の酸/Reality Acid - C
除去に3ターンはあまりに緩慢と言わざるを得ない。
8点:模る寄生/Shaper Parasite - C
多くの場合でアドバンテージが取れる変異クリーチャー。
2点:呪文変容/Spellshift - R
致命的なソーサリーを打ち消せる点は評価できるが、それだけ。滅多に使わないだろう。
5点:同期スリヴァー/Synchronous Sliver - C
重いが、スリヴァーなのでスリヴァーデッキなら+2点。
4点:潮歩き/Tidewalker - U
青の濃いデッキならば相手クリーチャーを半壊できる可能性がある。
5点:時を曲げる者/Timebender - U
それぞれ自分と相手の待機、消失持ちと対象には事欠かない。1/1についてくる能力としては強力。
6点:覆われた奇異/Veiling Oddity - C
エンドカードたり得るが、性質上4ターン以内に対策されやすいのが難点。
5点:ヴェナーリアの微光/Venarian Glimmer - U
単にマナコストの重い強要だが、使えないことはない。
5点:悲しげな考え/Wistful Thinking - C
3マナでアドバンテージを取れる優秀カード。中盤、相手が2~3枚のカードを握っている時に使うと効果大。自分に使うシーンは殆ど無い。

[編集] 青(タイムシフト)

4点:凍りつく霊気/Frozen AEther - U
待機持ちの多いデッキ相手ならテンポを稼げるか。
7点:霊糸の幻/Gossamer Phantasm - C
単純に2マナ2/1飛行で優秀。
5点:マーフォークの秘術師/Merfolk Thaumaturgist - C
戦線に対して大きな影響力を持つクリーチャー。自軍に頭でっかちなクリーチャーがいると効果が大きい。塩平原の世捨て等と共に使うと面白い。
8点:羊術/Ovinize - U
システムクリーチャー以外にはかなり確実な、有用な除去。
7点:海賊の魔除け/Piracy Charm - C
確実にカード1対1の交換ができるのは魅力であり、除去にもなる点が優秀。
7点:原初のプラズマ/Primal Plasma - C
4マナ3/3というだけでも及第点だが、状況に応じて性能を選べる点が大きな魅力。
5点:激浪のこそ泥/Riptide Pilferer - U
一度はディスカードの可能性こそあるものの、残るのは1/1。
8点:セレンディブの魔術師/Serendib Sorcerer - R
攻撃そのものに対する抑止力となり、タッパーより便利。ダブルシンボルなのが痛いか。
8.5点:セラのスフィンクス/Serra Sphinx - R
フィニッシャーの性能。

[編集]

7点:大物狙い/Big Game Hunter - U
とりあえず除去。荒廃語り/Blightspeakerからリクルートすることもできる。
7点:荒廃語り/Blightspeaker - C
リクルーターとしては充分。膠着している状況でも本体にダメージが入る点も見逃せない。ラースのわな師/Rathi Trapperを取りたいところ。
5点:脳喰らい/Brain Gorgers - C
マッドネスできても所詮ゴキブリ。
4点:苦悩の円/Circle of Affliction - U
場に影響を与えるわけではない上に1点ドレインでは微妙。
7点:揺り籠から墓場まで/Cradle to Grave - C
除去としては充分な性能。
4点:打ち砕く希望/Dash Hopes - C
マストカウンターには通らないので、素直に除去や手札破壊を入れた方が無難。
6点:命取りの幼虫/Deadly Grub - C
3マナ3/1として生命を果たしても黒としては十分。成長すればファッティとの相打ちに持っていける。
8点:隷属/Enslave - U
追加効果も優秀だがクリーチャーを奪えるだけでも十分強い。
3点:根絶/Extirpate - R
厄介なフラッシュバック呪文があるならサイドインしてもいいかも。
6.5点:インプの悪戯/Imp's Mischief - R
火力に対して非常に有効な一枚。1対2交換が出来るので少々のライフロスは目をつぶろう。
7点:貴重品室の大魔術師/Magus of the Coffers - R
単純にサイズで採用。
6点:深夜の魔除け/Midnight Charm - C
除去としてもコンバットトリックとしてもまずまず。マイアー・ボア/Mire Boaを除去しにくいのは残念。
8.5点:呪われたミリー/Mirri the Cursed - R
中堅クリーチャーとしては文句なし。欠点はダブルシンボルというくらい。
7点:泥ドラッブ/Muck Drubb - U
瞬速、マッドネスで3/3なら悪くはない。能力も状況次第では優秀。
5点:変幻影魔/Phantasmagorian - U
3枚ディスカードも6/6も脅威。引き過ぎた土地で回収できるので心強い。
5.5点:背びれクーサイト/Ridged Kusite - C
充分威嚇になる。共鳴者としてもなかなか。
3点:掻き乱す恐怖/Roiling Horror - R
負けている時はおろか、ライフが僅差でも使えないので厳しい。
6点:吐毒スリヴァー/Spitting Sliver - C
3/3先制攻撃は心強い。スリヴァーデッキなら+1点。
2点:時間の恐喝/Temporal Extortion - R
色拘束が強烈な上、効果もいまいち。
4点:不実な衝動/Treacherous Urge - U
役立つ状況が限定的。
3.5点:衰退するワーム/Waning Wurm - U
バウンスや救出クリーチャーと組み合わせらるなら+2.5点。

[編集] 黒(タイムシフト)

5点:沼の大蛇/Bog Serpent - C
重いが、ブロッカーとしてでも悪くはない。
10点:滅び/Damnation - R
貴重かつ最高の全体除去。ダブルシンボルのため無理にタッチする必要はないが、それでも確実にカットするべきカードである。
4点:砂丘乗りの無法者/Dunerider Outlaw - U
サイズが小さい上にダブルシンボルは苦しい。相手が緑なら+3点。
7.5点:コーの葬送歌/Kor Dirge - U
コンバットトリックとしてはなかなか優秀。
6.5点:哀愁/Melancholy - C
疑似除去としては悪くはないが、他に充分な除去があるのであれば入れなくても良い。
6.5点:有り余る無/Null Profusion - R
手札が尽きなくなる。ただしコモンに優秀な手札破壊があるので注意。
8点:ラースのわな師/Rathi Trapper - C
タッパーが弱いわけがない。レベルなのも優秀。
3点:隠された知識/Shrouded Lore - U
積極的に使いたいカードではない。
7点:吸血の絆/Vampiric Link - C
自分のファッティにつけて良し、相手のファッティにつけてよし。

[編集]

7点:霊気の皮膜/AEther Membrane - U
飛行のタフネス5は優秀な防御要員であり、相手のテンポを崩す事も出来る。
8.5点:憤怒の天使アクローマ/Akroma, Angel of Fury - R
黒の除去と土地のバランスに注意。性能は完全にフィニッシャー。
5点:乱打スリヴァー/Battering Sliver - C
能力は今ひとつだが、スリヴァーであり4/4というサイズが重要。
3点:砕岩を食うもの/Detritivore - R
完全に構築向けの能力であり、あまりにも不安定。
5点:塵の光冠/Dust Corona - C
速攻デッキか、回避能力を持つクリーチャーとの併用が基本。相打ち上等で使う場合にはアドバンテージを失うことに注意。
5点:致命的な激情/Fatal Frenzy - R
ファッティに使いたい。ここぞという時に。
5点:恐火魔道士/Firefright Mage - C
硬直状態を破るクリーチャー。速攻デッキのサポートにも。
5.5点:憤怒の魔除け/Fury Charm - C
様々な場面で活躍が期待できるカード。
7点:ハンマーハイムの落とし屋/Hammerheim Deadeye - U
飛行持ちを除去できるだけで有用。
5点:ケルドの匪賊/Keldon Marauders - C
速攻デッキならば枚数を稼ぎたい。中盤以降は本体への2点火力でしかないため、それ以外のデッキでの採用は躊躇われる。
5点:溶岩核の精霊/Lavacore Elemental - U
維持が難しい。
8.5点:闘技場の大魔術師/Magus of the Arena - R
頼りになるサイズもさることながら、相手の戦線を壊滅出来るだけの強烈な能力を持つ。
6点:針先の蜘蛛/Needlepeak Spider - C
使い捨てのアタッカー。しかし能力が役に立つ場面もある。
8点:シヴ山の隕石/Shivan Meteor - U
殆どのクリーチャーを除去できる。
6.5点:棘鞭使い/Stingscourger - C
相手を妨害しつつクリーチャーを残せるなら儲けものである。
6.5点:硫黄の精霊/Sulfur Elemental - U
瞬速持ちの3マナ3/2なので悪くはない。相手が白ならば評価は上がる。
4点:時操術/Timecrafting - U
相手の妨害にも使える便利なカード。
8点:炎異種/Torchling - R
マナさえあれば戦線を壊滅させられるクリーチャー。中盤の攻防、後半の決め手と活躍の場に事欠かない。
7点:火山の乱暴者/Volcano Hellion - R
殆どのクリーチャーを除去できるのは間違いないが、自分のライフには注意。
5点:爆裂+破綻/Boom+Bust - R
使われるのはほぼ破綻の方のみ。有利な場面での決定打になるが、劣勢な時には腐る。
8点:死亡+退場/Dead+Gone - C
小物には除去、大物にもバウンスできるため、使いやすい。
8.5点:乱暴+転落/Rough+Tumble - U
どちらも強い。しかし乱暴を使う場合、赤にはタフネス2が多いことに注意。

[編集] 赤(タイムシフト)

7点:血騎士/Blood Knight - U
優秀なクリーチャー。色拘束がきついのでマナカーブに注意。
7点:粗暴な力/Brute Force - C
基本的かつ優秀なコンバット・トリック。
4点:溶鉄の火の鳥/Molten Firebird - R
何度でも帰ってくる飛行持ち。
7点:放蕩紅蓮術士/Prodigal Pyromancer - C
ティム。環境にはタフネス1は多く、他の火力との併用で大型クリーチャーも除去できるため強い。
10点:紅蓮炎血/Pyrohemia - U
調節できる全体除去は強い。
7.5点:無謀なるワーム/Reckless Wurm - U
5マナ4/4の時点で及第点。
6点:シヴ山のウンパス/Shivan Wumpus - R
早期に引ければ活躍できる。
5点:猿人の指導霊/Simian Spirit Guide - C
マナが足りないときに手札にあると便利。クリーチャーの性能自体は普通。
7点:スカークのシャーマン/Skirk Shaman - C
次元の混乱にはアーティファクト・クリーチャーがいないのでブロックされにくい。色拘束がきつめなのが少々難点。

[編集]

5.5点:アナの戦闘魔道士/Ana Battlemage - U
青のキッカーが払えるならば+2.5点で強烈なアドバンテージカード。黒ならば+1.5点に留まる。
6.5点:シタヌールの樹木読み/Citanul Woodreaders - C
地上固め。後半に引いてもうれしい。
7.5点:デッドウッドのツリーフォーク/Deadwood Treefolk - U
アドバンテージを得ながら数ターン地上を止められるため、速攻デッキでなければ採用する事になるだろう。
7点:進化の魔除け/Evolution Charm - C
どの効果も地味だが役に立つ。
5点:菌類ビヒモス/Fungal Behemoth - R
回避能力持ちを強化してあげよう。
8点:巨大埃バチ/Giant Dustwasp - C
5マナ3/3飛行は嬉しい。序盤に待機できれば尚良い。
5点:未開の狩り/Hunting Wilds - U
追加効果の方の活躍は期待できないが、単純にマナ加速として役に立つ。
7.5点:エフラヴァのジェディット・オジャネン/Jedit Ojanen of Efrava - R
相手が森を使っているなら速やかに相手を殴り倒してくれる。トークンは2/2とそれなりなのだが、トリプルシンボルに注意。
6点:カヴーの捕食者/Kavu Predator - U
熊という点で及第点。もしライフゲインに対する抑止力になれば幸運。相手が本質の管理人/Essence Wardenを出しているとかなり大きくなる。
2点:生命と枝/Life and Limb - R
リミテッドでは使いにくい。
4点:図書館の大魔術師/Magus of the Library - R
ダブルシンボルだがクリーチャーの性質自体は低く、カードを引ける可能性も低い。とりあえずマナブーストに使える。
7.5点:マイアー・ボア/Mire Boa - C
渡れなかったとしても十分。
7.5点:飛びかかるワーム/Pouncing Wurm - U
キッカーを払わなくても3/3と、十分及第点。
5.5点:向精神サリッド/Psychotrope Thallid - U
サリッドデッキなら+1.5点。
4点:反射スリヴァー/Reflex Sliver - C
スリヴァーデッキなら+2点。
3点:賢智のケンタウルス/Sophic Centaur - U
非常に遅いデッキを組んでいるならば+2点。
7点:ティンバーメア/Timbermare - R
タイミングを見て使う事。エコーは殆どの場面で払った方が良い。
7点:ウークタビー・ドレイク/Uktabi Drake - C
場に残すよりは火力として使う方が多いだろう。回避能力もあり重宝する。
7点:ユートピアの誓約/Utopia Vow - C
デメリットのある一種の除去と考える。中盤過ぎのファッティに使いたいところ。緑はクリーチャーへの対処手段に乏しいため、取っておきたいところ。
4点:活力菌サリッド/Vitaspore Thallid - C
軽いファンガスなのだが、速攻をつける能力はそれほど便利ではない。
5点:野生のつがい/Wild Pair - R
パワー・タフネスの合計が等しければ値が同じ値でなくても出せるのが利点。

[編集] 緑(タイムシフト)

6点:本質の管理人/Essence Warden - C
意外に多くのライフが得られる。1マナクリーチャーとしては優秀。
4点:ファーディヤーの予見者/Fa'adiyah Seer - C
マッドネスが多ければ使える。
8点:ガイアの頌歌/Gaea's Anthem - R
緑ではトークンが出やすいため強い。
5点:地壊し/Groundbreaker - R
トリプルシンボルが厳しく、登場が遅れて思ったよりダメージが入らないことも多い。
7点:調和/Harmonize - U
2枚のアドバンテージはかなり大きい。
5点:治癒の葉/Healing Leaves - C
それなりのコンバット・トリック。小回りが効かないのが難点。
8点:垣のトロール/Hedge Troll - U
使うのは緑白の場合のみ。マイアー・ボアより優先されるため、この点数。
6点:鋭い感覚/Keen Sense - U
飛行クリーチャーと合わせて使いたい。数回殴れれば大きく有利になる。
4点:原基の印章/Seal of Primordium - C
メインから入れるほどエンチャント・アーティファクトが跋扈する環境ではなく、破壊カードが余っていることも多い。

[編集] マルチカラー

7点:焼灼スリヴァー/Cautery Sliver - U
除去に使えたり救出に使えたりと非常に優秀なクリーチャー。スリヴァーデッキなら+1.5点。
6点:暗心スリヴァー/Darkheart Sliver - U
3点のライフ回復はなかなか。マナがかからないのも便利。スリヴァーデッキなら+0.5点。
4点:休眠スリヴァー/Dormant Sliver - U
スリヴァーデッキだと使いづらい。相手がスリヴァーデッキの時に。
6点:熱狂スリヴァー/Frenetic Sliver - U
厄介な回避能力を持っているのでまずまず。スリヴァーデッキなら+1点
7点:夢見るものインテット/Intet, the Dreamer - R
とりあえず6/6の飛行クリーチャーなのでこの評価。取り除いたカードが怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrathだったりするとアツい。
8点:壊死スリヴァー/Necrotic Sliver - U
どんなパーマネントでも破壊できる強力なクリーチャー。単体で使っても非常に強い。
7点:壊滅させるものヌーマット/Numot, the Devastator - R
とりあえず6/6の飛行クリーチャーなのでこの評価。相手の土地を2つも壊せるのはなかなか。
7点:報復するものオロス/Oros, the Avenger - R
とりあえず6/6の飛行クリーチャーなのでこの評価。相手のクリーチャーが白ばっかりだと効果が薄いが、こいつの攻撃が通るなら問題はないはず。
7点:ケルドの後継者、ラーダ/Radha, Heir to Keld - R
2マナ2/2と優秀。タップすればマナが出るので加速要員としても使える。攻撃したときはマナが使えるような工夫をしたい。
7点:収穫するものテネブ/Teneb, the Harvester - R
とりあえず6/6の飛行クリーチャーなのでこの評価。なんとしてもダメージを通したい。
7点:狩るものヴォラシュ/Vorosh, the Hunter - R
とりあえず6/6の飛行クリーチャーなのでこの評価。二段攻撃を持たせるとすごい事に。

[編集] 土地

6点:ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth - R
とりあえずこいつ単体でもマナが出るのでデッキにいれても困らない。沼渡りなど沼/Swampに関するカードがあれば活躍できる。

[編集] 参考

QR Code.gif