狩るものヴォラシュ/Vorosh, the Hunter

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Vorosh, the Hunter / 狩るものヴォラシュ (3)(緑)(青)(黒)
伝説のクリーチャー — ドラゴン(Dragon)

飛行
狩るものヴォラシュがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたは(2)(緑)を支払ってもよい。そうした場合、狩るものヴォラシュの上に+1/+1カウンターを6個置く。

6/6

次元の混乱で登場した伝説のドラゴンサイクルの1体。プレイヤー戦闘ダメージが通ると+6/+6ずつ巨大化する。

ぱっと見て目を疑い、改めて確認してもやりすぎなクリーチャーである。6マナ6/6飛行というスペックもさることながら、一度でも攻撃通れば2倍に膨れ上がる豪快さが素敵。サイクルの中でもかなり派手な部類で、12/12飛行になるのはダークスティールの巨像/Darksteel Colossusも真っ青である。

といっても、その有り余るパワーが活きるかどうかはかなり怪しい。対戦相手が無防備だと仮定したところで、20点を削るには結局3回は殴らなければならないので、実質的にはパワー7のクリーチャーと大差ない。を含む以外には特に除去耐性があるわけでもないし、また多色ゆえにプロテクションに引っかかりやすい。見た目こそ派手だが、リアニメイトなどで活用するフィニッシャーとしては周辺環境の他の候補と比べて案外頼りないのが実情。また「(パワーを参照するカードなどとのコンボのため)とにかくデカいモノを1体用意したい」という状況でも、攻撃が通らない限りは6/6止まりであるため、さほど有効に機能しないことが多い。

さておき、カウンターがいっぱい載ったでっかいファッティが見られるロマンに満ち満ちており、ティミー魂あふれるカジュアルプレイヤーには垂涎モノの1枚である。さらに徹底するなら岩石樹の祈り/Stonewood Invocationを使って2ターンで殴り倒すことも可能。病的な憤激/Psychotic Fury二段攻撃というのも面白い。最初の戦闘ダメージ・ステップで能力を使えば合計18点でほぼ即死である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

次元の混乱の3色の伝説のドラゴンサイクルマナ・コストは1つのを中心とした対抗色を必要とし、中心の色を含む3マナの能力を持つ。
統率者にも1枚ずつ収録され、統率者用の大判統率者カードも作られた。

5それぞれに対応したインベイジョン伝説のドラゴン、Primeval Dragonのサイクル。対応する色を含む3マナ能力を持ち、マナ・コストはその色と友好色の計3色を必要とする。

[編集] 参考

QR Code.gif