生命と枝/Life and Limb

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Life and Limb / 生命と枝 (3)(緑)
エンチャント

すべての森(Forest)とすべての苗木(Saproling)は、それらの他のタイプに加えて1/1の緑の苗木クリーチャーであり、森の土地である。


全ての苗木が、「森であり苗木」になるエンチャントコピー関係を除いて、マジック史上初の、土地ではないカードを土地にできるカードである。

通常の全体クリーチャー化カードのように一気にクリーチャーの数を増やすことができるのと同時に、苗木が全て森になることでマナ加速にもなる。苗木トークンは森のような土地とは違って1枚のカードで何体も戦場に出すことができるので、マローの魔術師モリモ/Molimo, Maro-Sorcererのような土地の数を参照するカードとも相性が良い。

ただし、クリーチャー化した土地は1/1と小物なので、全体火力などに注意したいところ。同じ次元の混乱ガイアの頌歌/Gaea's Anthemが登場したので、組み合わせてみるとよいかもしれない。地のうねり/Earth Surgeあたりも面白いだろう。

[編集] ルール

  • クリーチャー・タイプや基本土地タイプを変更するカードと同時に戦場にある場合、状況によって依存性が変化することがあるので注意が必要となる。
    • 例:天界の曙光/Celestial Dawnと同時に戦場にある場合。苗木が戦場になく、かつ森(基本土地に限らない)が戦場にある場合、生命と枝は天界の曙光に依存するが、逆は依存していない。よって天界の曙光が必ず先に適用され、その森は「平地」になる。
      • ここで苗木が戦場に出た場合、天界の曙光が生命と枝に依存するようになるので、依存性がループして適用はタイムスタンプ順になる。天界の曙光の方が先である場合、適用順はそれ以前と変わらない。森は「平地」になり、苗木は「森・苗木」になる。生命と枝の方が先である場合、適用順が逆転する。森と苗木は両方とも「平地・苗木」になる。
    • 例:血染めの月/Blood Moonと同時に戦場にある場合。基本でない森(草むした墓/Overgrown Tombなど)が戦場になく、かつ苗木が戦場にある場合、血染めの月は生命と枝に依存するが、逆は依存していない。よって必ず生命と枝が必ず先に適用され、苗木は「・苗木」になる。
      • ここで基本でない森が戦場に出た場合、生命と枝が血染めの月に依存するようになるので、依存性がループして適用はタイムスタンプ順になる。生命と枝の方が先である場合、適用順はそれ以前と変わらない。苗木と基本でない森は両方とも「山・苗木」になる。血染めの月の方が先である場合、適用順が逆転する。苗木は「森・苗木」になり、基本でない森は「山」になる。
      • なお、いずれの場合も基本である森/Forestは血染めの月の影響を受けないので「森・苗木」のままである。
    • 例:苗木を指定した奸謀/Conspiracyと同時に戦場にある場合。森かクリーチャーのどちらかだけ戦場にあるなら、生命と枝と奸謀は一方がもう一方に依存する。クリーチャーだけが戦場にいるのなら、生命と枝は奸謀に依存しクリーチャーは緑の1/1の土地・クリーチャー─森・苗木となる。土地だけが戦場にある場合、適用した結果特性が変化しなくても、適用するパーマネントが変わるので奸謀は生命と枝に依存している。
      • ここで森とクリーチャーが戦場にある場合、生命と枝と奸謀は依存性がループして適用はタイムスタンプ順になる。奸謀が先である場合、森とクリーチャーどちらも緑の1/1の土地・クリーチャー─森・苗木となる。生命と枝の方が先である場合、森のみが森・苗木となり、クリーチャーは奸謀によって苗木にはなるが、生命と枝の効果は受けることなく土地にはならず色もP/Tも変化することはない。

[編集] 参考

QR Code.gif