命取りの幼虫/Deadly Grub

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Deadly Grub / 命取りの幼虫 (2)(黒)
クリーチャー — 昆虫(Insect)

消失3(このクリーチャーは時間(time)カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。あなたのアップキープの開始時に、その上から時間カウンターを1個取り除く。最後の1個が取り除かれたとき、それを生け贄に捧げる。)
命取りの幼虫が死亡したとき、その上に時間カウンターが1個も置かれていないならば、被覆を持つ緑の6/1の昆虫(Insect)クリーチャー・トークンを1体生成する。(それは呪文や能力の対象にならない。)

3/1

時間カウンターがない状態(消失)で死亡すると命取りの昆虫/Deadly Insect相当のトークンを出す、命取りの昆虫の幼虫。幼虫はく、成虫(トークン)になるとに変わるようである。

やはり黒といえば除去ブロッカーを排除しやすいという点で、トークンが出た後ならば本家より活躍はさせやすいだろう。

問題なのは幼虫状態。被覆も無くタフネスはわずか1と、あまりにも除去されやすい。かろうじて黒であることが若干の除去耐性になってはいるが、隣接するラヴニカ・ブロックが色を問わない除去の宝庫であることもあり、期待はできない。カウンター呪文などで守りながらじっくり待つか、対象に取れることを逆手にとって時間カウンターを取り除く手段を用意するか、いずれにしても手間がかかるクリーチャーである。

[編集] 参考

QR Code.gif