海賊の魔除け/Piracy Charm

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Piracy Charm / 海賊の魔除け (青)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは島渡りを得る。(それは、防御プレイヤーが島(Island)をコントロールしているかぎりブロックされない。)
・クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは+2/-1の修整を受ける。
・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚捨てる。


次元の混乱魔除けサイクル。これだけはサイクル中唯一、葬送の魔除け/Funeral Charmからのタイムシフトである。

他の次元の混乱に収録されているタイムシフトカード同様、渡りを与えるモードは、青に対応する渡りに変更されている。次元の混乱での青は手札破壊を割り当てられており、これもその流れに沿っての収録であろう。

構築での本命のモードは除去としても使えるP/T修整タフネス1のみとはいえ青マナ1点だけで除去が可能なのは極めて貴重で、歴代のカードを見渡しても他にはPsychic Purge本質のほとばしり/Essence Flareぐらいのものであり、それらと比較するとインスタントであり柔軟性もあるこれは出色の存在といえる。

スタンダードではサバンナ・ライオン/Savannah Lions闇の腹心/Dark Confidantなど標的には事欠かなかったが、より直接的で優秀な火力である心霊破/Psionic Blastが同じブロックに収録されていたことから、パワー修整や島渡りを活かせる青系ビートダウンにおいても使用頻度は低かった。

モダンエターナルでは青系ビートダウンに採用されることがある。テンポ損しづらく、最後の一押しにもなることから、Delver-Goなどのクロック・パーミッションミラーマッチでは特に有用である。手札破壊のモードもストームなどの手札を一瞬で大量に消費するデッキへの妨害として使える可能性がある。同様にPauperの青系デッキでも採用されることがある。

リミテッドでも除去ということで有用。アドバンテージ的には損であるが、パワー修整を利用したコンバット・トリックとしても使えるのも魅力。また、相手が除去できるクリーチャーを展開していなくとも、手札破壊で確実に一対一交換が出来るのが最大の強み。構築ほど逆用される心配もない。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

次元の混乱魔除けサイクル。いずれのイラストもJohn Avonによって描かれている。

次元の混乱の、時のらせんタイムシフトからのタイムシフト・カードサイクル

[編集] 参考

QR Code.gif