休眠スリヴァー/Dormant Sliver

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Dormant Sliver / 休眠スリヴァー (2)(緑)(青)
クリーチャー — スリヴァー(Sliver)

すべてのスリヴァー(Sliver)・クリーチャーは防衛を持つ。
すべてのスリヴァーは「このパーマネントが戦場に出たとき、カードを1枚引く。」を持つ。

2/2

ジャングルの障壁/Jungle Barrierを基にして作られたスリヴァー。スリヴァーに防衛というペナルティ能力を与えるかわりに、カード引くCIP能力を付加する。

このクリーチャー単体で見た場合、4マナ2/6だった元祖と比べるととしてはまったくの役立たず。単色木彫りの女人像/Carven Caryatid木登りカヴー/Kavu Climberなどがいるのだから、力不足と言わざるを得ない。

しかし当時のスリヴァーデッキではキーカードであり、驚異的なドロー能力を発揮する。その間は攻撃に参加できないものの、低コストのスリヴァーを戦場に出していけばスリヴァーの大群があっという間に並ぶだろう。軍団が並んだあとに火跡スリヴァー/Firewake Sliverなどでこれを生け贄に捧げれば、あとはスリヴァーの群れが対戦相手を押しつぶす。また、心霊スリヴァー/Psionic Sliverなどの攻撃以外の勝利手段を持つスリヴァーを採用するのも手。

特に熱狂スリヴァー/Frenetic Sliverとの相性は抜群で、必然的に大量展開した後の全体除去に対し、目安半分を救うことができ、攻撃したい時に0マナで始末できる。コイン投げが成功すればスリヴァーが戻った時にもカードを引ける。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

次元の混乱多色スリヴァーサイクル。いずれも過去の同じ対抗色の組み合わせのカードがモデルになっており、P/Tが2/2で統一されている。

時のらせん多色スリヴァーサイクル。いずれも過去の同じ友好色の組み合わせのカードがモデルになっている。

[編集] 参考

QR Code.gif