治癒の葉/Healing Leaves

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Healing Leaves / 治癒の葉 (緑)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、3点のライフを得る。
・クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。このターン、それに与えられる次のダメージを3点軽減する。


の代名詞的なマジック最初期からのカード治癒の軟膏/Healing Salveタイムシフト。3点のライフ獲得かダメージ軽減を選べる。

クリーチャーである緑にとっては、3点のダメージ軽減はクリーチャーの延命手段として、なかなか悪くない効果に見える。だが、クリーチャーを守るだけならば巨大化/Giant Growthと言う選択肢があるためあまり目立たない。巨大化ならばダメージだけでなくタフネスのマイナス修整からもクリーチャーを守る事ができ、クリーチャーを守る必要が無い状況ならば攻撃に転用する事ができる等、遥かに多芸である。

しかしながら、こちらはこちらで「ダメージを与えるたび」の誘発型能力誘発を防いだり、プレイヤーに対するダメージに対しても有効である等、巨大化にはできない芸当が可能。汎用性ではやや劣っていると言えなくもないが、状況次第で十分に選択の余地はあるだろう。

構築では巨大化に軍配が上がりがちだが、リミテッドならば対戦相手の対プレイヤー火力呪文も相殺できる分、こちらの方が有用な事が多々ある。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

公式記事Backwards Through the Looking Glassで言及された、もうひとつの歴史でのマジックに存在する「3 for 1s」カード。こちらの歴史での「ブーンズ」に相当する。

次元の混乱タイムシフトで、がこちらの歴史に出現した。

[編集] 参考

QR Code.gif