生き埋め/Buried Alive

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Buried Alive / 生き埋め (2)(黒)
ソーサリー

あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを最大3枚まで探し、それらをあなたの墓地に置く。その後あなたのライブラリーを切り直す。


ライブラリーからクリーチャーカード3枚を墓地に置く呪文

増えるのは墓地だけであるためカード・アドバンテージを一時的には失ってしまうが、一部のデッキにとっては墓地もまた重要なリソースであり(特にカード・プールが広がるほどその傾向は顕著)、そのようなデッキでは3枚分の墓地肥やし兼サーチカードとして機能する。のちの納墓/Entombと比較すると、クリーチャー限定でかつ重いが3枚分サーチできるため、その点を有効利用したいところである。

通常のリアニメイトの下準備となるだけでなく、灰燼のグール/Ashen Ghoulなどの自己蘇生可能なクリーチャーを利用する、生ける屍/Living Deathなどで大量蘇生、ルアゴイフ/Lhurgoyf系の強化ゴブリンの太守スクイー/Squee, Goblin Nabobなどを墓地に落としてハンド・アドバンテージ確保、インカーネーションの有効利用、スレッショルド条件への到達など、その働きは多岐にわたる。

初出のウェザーライトでは、冥界の影/Nether Shadowや灰燼のグールなどの自己再生クリーチャーと合わせた黒ウィニーベリード・アライブや、生ける屍を利用した瞬殺コンボターボリビングデスなどで使用された。

オデッセイ再録後はリアニメイトデッキで採用されている。3マナであるため、4マナが基本のリアニメイトカード(ゾンビ化/Zombifyなど)の下準備として優秀であり、かつ、同時に速攻付与手段として憤怒/Angerを墓地に送ることができたことから、採用率は納墓よりも高かったほどである。

エクステンデッド環境では高速リアニメイトのベンツォで活躍している。納墓とともにリアニメイトの起点になるのみならず、ゴブリンの太守スクイーやKrovikan Horrorを墓地に送る手段としても活用された。納墓禁止後のリアニメイトにはマナ・コストの重さから採用されていないが、アングリーグールでは縫合グール/Sutured Ghoulクローサの雲掻き獣/Krosan Cloudscraperを同時に墓地に送る手段として活用されている。

2004年9月20日よりプリズマティック禁止カードに指定される。

[編集] 参考

QR Code.gif