食べる

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

食べる(Feed)とは、パーマネントが持つ起動型能力起動コストや維持コストとしてリソース支払うこと。もしくは文字通り貪食させること。


Atog / エイトグ (1)(赤)
クリーチャー — エイトグ(Atog)

アーティファクトを1つ生け贄に捧げる:エイトグ(Atog)は、ターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。

1/2


Thromok the Insatiable / 強欲なるスロモック (3)(赤)(緑)
伝説のクリーチャー — ヘリオン(Hellion)

貪食X、Xはこれにより貪食したクリーチャーの数に等しい(これが戦場に出るに際し、あなたは望む数のクリーチャーを生け贄に捧げてもよい。このクリーチャーは、それらのクリーチャー1体につきX個の+1/+1カウンターが置かれた状態で戦場に出る。)

0/0

餌を与えるように見立てた用語であり、各種エイトグ野生の雑種犬/Wild Mongrelなどの起動型能力が有名。そのパーマネントから見て「食べる」、コントローラーから見て「食べさせる」と表現する。

基本的にはマナライフ以外のリソース、すなわち手札やパーマネント、墓地などのリソースを支払う場合によく使われる。

[編集] 参考

QR Code.gif