謎めいた命令/Cryptic Command

提供:MTG Wiki

2019年6月10日 (月) 21:01時点における106.167.134.179 (トーク) - whois による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索

Cryptic Command / 謎めいた命令 (1)(青)(青)(青)
インスタント

以下から2つを選ぶ。
・呪文1つを対象とし、それを打ち消す。
・パーマネント1つを対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
・あなたの対戦相手がコントロールするすべてのクリーチャーをタップする。
・カードを1枚引く。


命令は、カウンターバウンスタップドロー。組み合わせ次第でアドバンテージを得る事ができる。青の確定カウンターは3マナの取り消し/Cancelが標準であるため、打ち消し呪文として考えた場合、追加の青マナで何らかのおまけを得るカードといえる。

バウンステンポを得る事も可能なので、色拘束はともかく見た目ほど重くはない。また、どのような組み合わせでも、損が無い、または若干得をするというコスト・パフォーマンスがいいカード。

タップは時間稼ぎ程度に見られるが、この効果のお陰でリミテッドではエンドカードとしての性質を持っている。4ターン目に使う必要は全く無いので、多色デッキでも青が濃いならばすんなり入ってくるだろう。

構築においても十分に強力であり、環境により採用率は変わるものの、エクステンデッドモダンでも活躍している。

追加効果を持つバウンスの中でも、永遠の証人/Eternal Witnessナックラヴィー/Nucklaveeとのシナジーが飛び抜けて強い。永遠の証人の場合、バウンス以外の効果を1度に付き計7マナ支払う事で繰り返し使用できる(→Eternal Command)。特にタップとの組み合わせは、それだけで妨害手段や火力要素を持たないデッキを完封できてしまう。

  • モードによって対象を取る数が変わるので、立ち消えのルールで混乱する事の多い1枚。
    • バウンスカウンターを選択した場合、これは対象を2つ取る呪文であるため、片方だけが不正な対象になっても解決される。不正な対象に何かすることはできないが、もう一方の効果は問題なく発揮される。
    • 逆にドロータップを選択している場合、これは対象を取らない呪文になるため、対象不適正によって解決されないということはない。
    • それ以外、例えばカウンターとドローの組み合わせ等の場合は、対象を1つだけ取る呪文なので、その対象が不適正になれば解決されない。この場合は不正な対象になったほうだけでなく、もう一方の効果も発揮されなくなってしまう。
  • 打ち消しを効果に含むため、サイクル中唯一インスタントである。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ローウィン命令サイクル。4つのモードから2つを選ぶ。スカージ命令サイクルとは別である。

[編集] 参考

QR Code.gif