テイサ・カルロフ/Teysa Karlov

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

テイサ・カルロフ/Teysa Karlovは、ラヴニカ・ブロックおよびラヴニカへの回帰ブロックのキャラクター。カードとしてはギルドパクトオルゾフの御曹子、テイサ/Teysa, Orzhov Scionが初出。

目次

[編集] 解説

ラヴニカ/Ravnicaギルド/Guildの1つ、オルゾフ組/The Orzhov Syndicateに所属する人間の弁術士/Advokist・法術士/Lawmage。女性(イラスト)。

オルゾフ総統の直系の血筋に当たる正当後継者で、実力と野心を兼ね備えた才女。敏腕の法律家であるだけでなく、言語にも精通している。

[編集] 経歴

[編集] Guildpact

再開発地域ウトヴァラ/Utvaraを相続したテイサは、オルゾフの総統、側近のメリスク/Meliskイゼット団/The Izzetゴブリンクリックス/Crixとともにその地へと向かう。しかし道中でグルール一族/The Gruul Clansの盗賊団の襲撃に遭い、クリックスが攫われ、総統が命を落としてしまう。

ウトヴァラの市街地に辿り着いたテイサはピヴリック/Pivlicの宿の一室を借り、医師ネブン/Nebunにこの地に残る疫病の治療薬を作れないか打診したり、イゼット団との友好を考えてクリックス救出の手配をしたりと、ウトヴァラ統治の準備を進める。しかし総統の死を考えるたびに持病の睡眠発作が悪化することに疑念を抱いた彼女は、幽霊議員オブゼダート/Obzedatの一員となった総統を問い質し、恐ろしい真実を知る。自殺した者はオブゼダートに加入することはできない。そのため総統はテイサに自分を殺害させ、その記憶をメリスクに消去させていたのだった。さらにオブゼダートとイゼット団が大釜/Cauldronで大きな計画を進めていることを聞かされ、怒りに震えるテイサは総統の映る鏡を粉々に割り、大釜へと出発する。

大釜ではイゼットの魔道士卿/Magelord、ゾマジ・ホーク/Zomaj Haucドラゴンの卵を孵化させ、世界を支配しようとしていた。その場に現れたテイサだが、ホークはクリックスの金属腕に刻まれた呪文によってドラゴンを操り、それに乗って飛び去ってしまう。言語に長けるテイサは古のドラゴン語の呪文を解読し、もう1体のドラゴンを操って後を追う。ドラゴン同士の空中戦の末、ホークは投げ出されて崖に激突し、その危険な計画は阻止されたのであった。

[編集] Dissension

プラーフ/Prahvの法廷でテイサは、フェザー/Featherの弁護人をしていた。しかしその場にボロス軍/Boros Legionの空中要塞、パルヘリオン/Parhelionが墜落。テイサとフェザーはその内部へと入るも、ディミーア家/House Dimirシェイプシフターに捕らえられてしまう。その後アグルス・コス/Agrus Kosの活躍により2人は救出される。

すべてが終わった後、その脆さを知りながらも、テイサは魔法的拘束を持たない新しいギルドパクト/Guildpactを作成した。

[編集] ラヴニカへの回帰ブロック

オブゼダートに公然と反抗したテイサだが、時が経ち、彼女は大特使/Grand Envoyと呼ばれる前例のない地位に就いた(イラスト)。これはギルド指導者たるオブゼダートの公的代弁者兼特使という立場であり、実質的なオルゾフの最高権力者は彼女ではないかと見る者も多い。

イゼット団が新たな研究施設のために土地を探し始めたことを受け、テイサはオルゾフ組に再結成を呼びかけた。遥か昔にオルゾフのものとなった土地の権利を主張するために、そしてニヴ=ミゼット/Niv-Mizzetの計画から利益を得るために。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

ギルドパクト
墓所の嘆き声/Cryptwailing腹音鳴らし/Borborygmos
ラヴニカへの回帰
角呼びの詠唱/Horncaller's Chant
ギルド門侵犯
都邑の庇護者/Urbis Protector不毛の地のバイパー/Wasteland Viper神秘的発生/Mystic Genesis不死の隷従/Immortal Servitude
ドラゴンの迷路
オブゼダートの救済/Obzedat's Aid
統率者2015
幽霊議員カルロフ/Karlov of the Ghost Council

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif