金属ミミック/Metallic Mimic

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Metallic Mimic / 金属ミミック (2)
アーティファクト クリーチャー — 多相の戦士(Shapeshifter)

金属ミミックが戦場に出るに際し、クリーチャー・タイプ1つを選ぶ。
金属ミミックは、他のタイプに加えてその選ばれたタイプでもある。
あなたがコントロールする選ばれたタイプを持つ他の各クリーチャーは、それぞれ+1/+1カウンターが追加で1個置かれた状態で戦場に出る。

2/1

順応する自動機械/Adaptive Automatonのリメイク。部族支援が+1/+1カウンターの形になった。

通常のロードと違いこれ以前に出していたクリーチャーには恩恵が無いものの、2マナと軽く金属ミミックが除去されてもすでに置かれた+1/+1カウンターは残るのは強み。カラデシュ・ブロックには+1/+1カウンターと相互作用するカードも多い。

スタンダードでは霊気装置を指定し、活性機構/Animation Moduleと併用することでマナの許す限り2/2になったトークンを量産するコンボが見出された。そのまま数に任せて殴り掛かる、即席で大物に繋げるなど汎用性は高い。コンボパーツがアーティファクトだけで完結するため、を選ばないのも嬉しいところ。

アモンケット加入後のスタンダードでは、ゾンビアグロに3種類目のロードとして採用される。

[編集] ルール

  • クリーチャー・タイプを選ぶのは戦場に出る直前であり、金属ミミックは選ばれたクリーチャー・タイプを持つものとして戦場に出る。
  • 機体アーティファクト・タイプであるため、選ぶことはできない。
  • 金属ミミックと同時に戦場に出るクリーチャーは、選ばれたタイプであったとしてもカウンターを置かれることはない。
  • イクサランでの総合ルール更新によって、秘儀での順応/Arcane Adaptationなどの戦場のクリーチャーにクリーチャー・タイプを付与するカードによって元のクリーチャー・タイプに関わらずカウンターを置くことができるようになった。
  • 金属ミミックが戦場に出るに際し、既に戦場にある別の金属ミミックが選んでいるクリーチャー・タイプを選んだ場合、カウンターが置かれる。

[編集] 参考

QR Code.gif