茨の騎兵/Cavalier of Thorns

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cavalier of Thorns / 茨の騎兵 (2)(緑)(緑)(緑)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental) 騎士(Knight)

到達
茨の騎兵が戦場に出たとき、あなたのライブラリーの一番上からカードを5枚公開する。その中から土地カード1枚を戦場に出し、残りをあなたの墓地に置く。
茨の騎兵が死亡したとき、あなたの墓地から他のカード1枚を対象とする。あなたは茨の騎兵を追放してもよい。そうしたなら、対象としたカードをあなたのライブラリーの一番上に置く。

5/6

騎兵/Cavalierサイクル到達を持ち、ETBライブラリーを掘りながら土地戦場に出しPIG墓地から好きなカードライブラリーの一番上に置ける。

緑なだけあってサイクル中でも炎の騎兵/Cavalier of Flameと並ぶ最大のマナレシオを持つ。キーワード能力、ETB能力、PIG能力はいずれもサイクル仲間と比較すると地味だが、ブロッカーおよびアドバンテージ獲得手段としての堅実さが売り。

ETB能力は衝動系土地サーチ。5枚も見て土地がない確率はかなり低いので、ほぼ確実に1枚のアドバンテージを得られる。ささやかではあるが土地はアンタップインなので、それが活きる場面もあるだろう。また、残りのカードを墓地に置ける点も重要であり、墓地肥やし手段となって回収/Reclaim相当の効果であるPIG能力の下準備を自然に行ってくれる。PIG能力はタイムラグこそあるものの、カード・タイプを問わずあらゆるカードにアクセスできる効果は強力。除去された後のリカバリー手段が保証されている点が堅実さを大きく高めている。

単体でも自己完結しているが、リアニメイト戦術とは抜群の相性を誇る。リアニメイト前に出せば墓地肥やしに加えてリアニメイト呪文の調達も行える可能性があり、墓地肥やし要員が他に採用されていればPIGの信頼性が上がり、このカードをリアニメイトすれば次のリアニメイト呪文、あるいは手札に来てしまったフィニッシャー唱える助けになる。

  • 死亡誘発で茨の騎兵を追放するかどうか選ぶのは解決時である。解決前に茨の騎兵が墓地から他の領域へ移動したなら、あなたは茨の騎兵を追放することを選ぶことはできない。
    • 死亡する直前にこれをコントロールしていたプレイヤーが、この誘発型能力をコントロールする。茨の騎兵がどちらの墓地に移動しても、コントローラーは追放するか否かを選べる。
  • 土地を伸ばせる点、エレメンタルである点から、同時収録の乱動の座、オムナス/Omnath, Locus of the Roilとは相性が良い。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2020の騎兵サイクル。いずれもトリプルシンボル5マナエレメンタル騎士で、戦場に出たときの誘発型能力死亡したときの誘発型能力を持つ。稀少度神話レア

[編集] 参考

QR Code.gif