白黒赤

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

白黒赤(White-Black-Red)は、マジックにおける色の組み合わせのうち、の組み合わせのことである。略式表記WBR


Oros, the Avenger / 報復するものオロス (3)(白)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — ドラゴン(Dragon)

飛行
報復するものオロスがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、あなたは(2)(白)を支払ってもよい。そうした場合、報復するものオロスは白でない各クリーチャーに3点のダメージを与える。

6/6


Kaalia of the Vast / 巨大なるカーリア (1)(白)(黒)(赤)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

飛行
巨大なるカーリアが対戦相手1人に攻撃するたび、あなたはあなたの手札にある天使(Angel)クリーチャー・カード1枚かデーモン(Demon)・クリーチャー・カード1枚かドラゴン(Dragon)・クリーチャー・カード1枚を、タップ状態で、その対戦相手を攻撃している状態で戦場に出してもよい。

2/2

[編集] 概要

白黒赤のデッキはどの色もクリーチャー除去が得意な色であり、確実な単体除去に豪快な全体除去カード・アドバンテージを取れる複数除去まで選り取り見取りである。逆に言えば白黒赤白で充分なことが多く、3色にするメリットが薄い色構成とも言える。加え、色拘束の強いカードが多い白黒を含む、マナ基盤を支えるを含まないなど、マナ基盤の上でも極めて不安定となりやすい。実際のところ、この色の組み合わせは3色の中で最も実戦レベルに達したデッキが少ない。

白と赤の優秀なウィニーを黒のアドバンテージエンジンで補助したビートダウン黒赤多色カードを使ったミッドレンジないしコントロールに弱点を補う形で白を足す、というのが有力なアプローチだろうか。

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

単色 - - - -
多色
()
2色 友好色白青 - 青黒 - 黒赤 - 赤緑 - 緑白
対抗色白黒 - 青赤 - 黒緑 - 赤白 - 緑青
3色 弧(こ)白青黒 - 青黒赤 - 黒赤緑 - 赤緑白 - 緑白青
楔(くさび)白黒赤 - 青赤緑 - 黒緑白 - 赤白青 - 緑青黒
4色 白青黒赤 - 青黒赤緑 - 黒赤緑白 - 赤緑白青 - 緑白青黒
5色 白青黒赤緑
銀枠専用 ピンク - - 目の色
色の関係 色の組み合わせ - 友好色 - 対抗色 - カラーパイ - 色の役割
関連項目 無色 - 有色 - 単色カード - 多色カード - 色指標 - 固有色 - デッキカラー
QR Code.gif