原始の報奨/Primeval Bounty

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Primeval Bounty / 原始の報奨 (5)(緑)
エンチャント

あなたがクリーチャー呪文を1つ唱えるたび、緑の3/3のビースト(Beast)・クリーチャー・トークンを1体生成する。
あなたがクリーチャーでない呪文を1つ唱えるたび、あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを3個置く。
土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたは3点のライフを得る。


カード名の通り、自分が何かをプレイするたびに様々な「報奨」を与えてくれるエンチャント。その報奨はいずれもらしいものになっている。

クリーチャー呪文唱えた時には、さらに追加のビーストトークンを与えてくれる。出てくるトークンは対戦相手からすれば無視できるサイズではなく、原始の報奨を出した後のような中盤以降は通常腐りがちになるマナ・クリーチャーですらも十分な戦力を引き連れてくることになる。もちろん、ファッティを唱えることでトークンと一緒に一気に対戦相手を踏み潰しに行っても良いだろう。

非クリーチャー呪文を唱えた時には、クリーチャーに+1/+1カウンターを置ける。一度に3個というのはかなりの大盤振る舞いで、原始の報奨より前に戦場に出ていた小型クリーチャーもフィニッシャー級になりうる。マナ・クリーチャー同様、中盤以降で効果が薄くなるマナ加速呪文もクリーチャー強化に回すこともできる。一方で、戦場にクリーチャーがいないと能力自体が腐ってしまう。緑という色の特性を活かして、戦場にクリーチャーを切らさないようにしたい。

土地を出した時には3点のライフを得る。3点というと中堅クリーチャーパワー相当であり、多少不利な状況を耐えさせてくれるには十分。上の2つの能力で戦場に出したり強化したりしたクリーチャーがいるものの返しのターン攻撃されるとライフが危ないという膠着状態も、この能力のおかげで遠慮なく殴りにいって突破できるということが考えられる。

直接的なアドバンテージに繋がる能力はクリーチャー呪文を唱えた時だけだが、それ以外の能力もお互いに噛み合っていて強力。6マナという重ささえクリアーできれば、すぐに戦場を制圧できるだろう。

登場時のスタンダードでは、ジャンドミッドレンジ黒緑ミッドレンジなどのサイドボードにしばしば採用されている。エンチャント対策が薄めの環境であるため、安定感は高め。同様にアドバンテージ源として採用されることが多い地下世界の人脈/Underworld Connectionsとの相性の良さも見逃せない。

  • 一番目と二番目の能力は、いずれも唱えた呪文よりも先に解決されることに注意。進化持ちのクリーチャーを唱えてそれをトークンで強化するということはできないし、クリーチャー・トークンを出す非クリーチャー呪文を唱えてそのトークンの上に+1/+1カウンターを乗せるということもできない。

[編集] 参考

QR Code.gif