ふるードスター

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ふるードスターは、ミラディン・ブロック構築発祥のロックデッキ。通称「ふるスタ」。ミラディン最狂のレアカードと言われる時間ふるい/Timesifterファンデッキであり、そのあまりの不安定さ故にカスレア扱いされていた時間ふるいが「最狂」と呼ばれるようになった由縁でもある。

デッキ名は時間ふるいとブルードスター/Broodstarをかけたもの。


Timesifter / 時間ふるい (5)
アーティファクト

各アップキープの開始時に、各プレイヤーは自分のライブラリーの一番上のカードを追放する。点数で見たマナ・コストが最も大きいカードを追放したプレイヤーは、このターンの後に追加のターンを行う。複数のカードが最高で同点である場合、同点であったプレイヤーは同点でなくなるまでこの手順を繰り返す。



Second Sight / 洞察力 (2)(青)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーのライブラリーのカードを上から5枚見る。その後それらを望む順番で戻す。
・あなたのライブラリーのカードを上から5枚見る。その後それらを望む順番で戻す。
双呪(青)(あなたが双呪コストを支払った場合、両方を選ぶ。)



Broodstar / ブルードスター (8)(青)(青)
クリーチャー — ビースト(Beast)

親和(アーティファクト)(この呪文を唱えるためのコストは、あなたがコントロールするアーティファクト1つにつき(1)少なくなる。)
飛行
ブルードスターのパワーとタフネスは、あなたがコントロールするアーティファクトの数に等しい。

*/*

加工/Fabricateで時間ふるいをサーチし、ヴィダルケンの技術者/Vedalken Engineerを用いて早い段階で戦場に出す。時間ふるいが出たら洞察力/Second Sight洞察のランタン/Lantern of Insightなどでライブラリー操作を行い、何度も連続してターンを得る。

エンドカードマイコシンスの格子/Mycosynth Latticeからのブルードスター/Broodstarや、マイコシンスのゴーレム/Mycosynth Golemで呼び出すダークスティールの巨像/Darksteel Colossus。この超重量級フィニッシャー達が同時に時間ふるいの糧ともなっており、全然ターンが回って来ないので対戦相手は大いにやる気を削がれることだろう。

神河ブロック参入後は、使い切りの洞察力の代わりに師範の占い独楽/Sensei's Divining Topが投入されており、洞察のランタンも抜かれている場合が多い。

[編集] 参考

QR Code.gif