賦活/Instill Energy

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Instill Energy / 賦活 (緑)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは、それが速攻を持っているかのように攻撃できる。
(0):エンチャントされているクリーチャーをアンタップする。この能力は、あなたのターンの間にのみ、1ターンに1回のみ起動できる。


速攻に近い性質を与えるオーラ。速攻とは異なり、タップ・シンボルアンタップ・シンボルを含む能力をすぐに起動することはできない。

0マナエンチャントされているクリーチャーアンタップする能力もあるので、召喚酔いが解けたあとでも無駄にならない。マナ・クリーチャーつけマナ加速を増幅させたり、攻撃に繋げたりできる。

ごく初期のステイシスデッキ(エナジーステイシス)では、これを極楽鳥/Birds of Paradiseに付けて停滞/Stasis維持コスト支払っていた。

  • 日本で第4版発売当時、サルディアの巨像/Colossus of Sardiaにこれをつけるというコンボでちょっと知られていた。サルディアの巨像の「自然にはアンタップしない」点をこれの能力で埋める、ということ。特に第4版にはチャネル/Channelがあったため、2ターン目にコンボが炸裂することもままあった。
  • 第4版までは「戦場に出たターンに攻撃できる」といった能力であったが、第5版で「召喚酔いに影響されない」に変更され、速攻が制定されてからは「速攻を持つ」とされた。「最後に印刷されたテキストに合わせる」というのが基本方針ではあるが、第5版での改訂は全体的に不適当だったため、2010年7月のオラクル更新では、第5版を無視して、第4版以前のものである現在の能力に変更された(→July 2010 Update Bulletin参照)。

[編集] 参考

QR Code.gif