流し台型デザイン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

流し台型デザイン(Kitchen-sink design)とは、能力(特に常盤木キーワード能力)を大量に詰め込んだカードデザインのことである[1]

[編集] 概要


Akroma, Angel of Wrath / 怒りの天使アクローマ (5)(白)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 天使(Angel)

飛行、先制攻撃、警戒、トランプル、速攻、プロテクション(黒)、プロテクション(赤)

6/6


Zetalpa, Primal Dawn / 原初の夜明け、ゼタルパ (6)(白)(白)
伝説のクリーチャー — エルダー(Elder) 恐竜(Dinosaur)

飛行、二段攻撃、警戒、トランプル、破壊不能

4/8

英語の「何でもかんでも詰め込む」を意味する慣用句「everything but the kitchen sink」(流し台以外全部)に由来する。代表例である怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrathにちなんで「アクローマ」とも呼ばれる。

夜のスピリット/Spirit of the Nightや怒りの天使アクローマなど、たくさん能力を持つカードは初期から作られており、一定の人気があった。開発部もそれを認識しており、時折流し台型デザインが試されている。

カードパワーの調整が難しく、色の役割やフレイバーにより持たせられない能力もある。そのため、どの能力をもたせるかは慎重に決められている。例えば、原初の夜明け、ゼタルパ/Zetalpa, Primal Dawnは「の巨大翼竜」にふさわしい能力が選抜されており、かつ絆魂は強すぎると判明したため取り除かれている。ゼタルパの開発秘話も参照のこと。

[編集] 代表例

4つ以上の常盤木キーワード能力、またはそれに準ずる頻出能力を持つか与えるものを列挙する。元祖であるアクローマに倣ってか、天使伝説のクリーチャーが多い。

[編集] 参考

  1. Rivals No Other Part 3/他ならぬ『相克』 その3(Making Magic 2018年1月22日 Mark Rosewater著)
  2. YOU MAKE THE CARD, TOO
QR Code.gif