機械の行進/March of the Machines

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

March of the Machines / 機械の行進 (3)(青)
エンチャント

クリーチャーでない各アーティファクトは、パワーとタフネスがそれぞれ点数で見たマナ・コストに等しいアーティファクト・クリーチャーである。(クリーチャーである装備品(Equipment)をクリーチャーに装備することはできない。)


アーティファクトクリーチャー化するエンチャントティタニアの歌/Titania's Songリメイク

一見、自分のアーティファクトを戦力にするカードに見えるが、実際には対戦相手のアーティファクトを「クリーチャーにしてしまう」ことで妨害する用途で使われた。これがあればアーティファクト・土地は0/0のアーティファクト・クリーチャーになり即座に墓地送りだし、頭蓋囲い/Cranial Plating頭蓋骨絞め/Skullclampなどの凶悪な装備品バニラ同然の小型クリーチャーに早変わりである。親和デッキ全盛期にアンチカードとして活躍した。

もちろん自分のアーティファクトをクリーチャーに変える用途で使われることもある。特にダークスティールで登場した破壊不能を持つアーティファクトとの相性は抜群。機械の行進系デッキではよく使われるシナジーであり、中でも抹消マーチではデッキのメインコンボとなっている。

[編集] ルール

[編集] 参考

QR Code.gif