頭蓋囲い/Cranial Plating

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Cranial Plating / 頭蓋囲い (2)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは、あなたがコントロールするアーティファクト1つにつき+1/+0の修整を受ける。
(黒)(黒):あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それに頭蓋囲いをつける。
装備(1)


インスタント・タイミングつけられる装備品屍賊/Nim能力を付与する。

屍賊の平均的なマナ・コストと比較するとこれのコストはかなり軽く黒マナの出ないデッキにも普通に採用できる。自身もカウントするため、骨断ちの矛槍/Bonesplitter等と比較してもそのコスト・パフォーマンスの高さが伺える。

圧倒的な展開力を誇る親和デッキとの相性は言うまでもなく最高であり、頭蓋骨絞め/Skullclamp禁止以後の親和で主力装備品として活躍、メタゲームの中心として猛威を振るい続けた。特に羽ばたき飛行機械/Ornithopterちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus等のフライヤーとの相性が良好で、これらの殺傷力を大幅に引き上げた。アーティファクト・土地等がスタンダードで禁止カードに指定されて以降価値が半減したが、その後もメタの間隙を縫う形で磁石親和などで多少活躍。その後はエクステンデッドエターナルでも続けて使用されている。現在の主戦場はモダンであり、親和デッキのキーカードの一つ。

Pauperでは発足当初からの、かつ大あわての捜索/Frantic Searchが加わるまで唯一だった禁止カード

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

フィフス・ドーンの、インスタント・タイミング装備できる2マナ装備品サイクル

[編集] 参考

QR Code.gif