ドレイク

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ドレイク/Drakeは、クリーチャー・タイプの1つ。小型の竜のクリーチャーで、ワイヴァーン/Wyvernなどもこのタイプに属する。


Wind Drake / 風のドレイク (2)(青)
クリーチャー — ドレイク(Drake)

飛行

2/2


Gilded Drake / 金粉のドレイク (1)(青)
クリーチャー — ドレイク(Drake)

飛行
金粉のドレイクが戦場に出たとき、対戦相手1人がコントロールするクリーチャーを最大1体まで対象とし、金粉のドレイクとそれのコントロールを交換する。交換しないまたはできないなら、金粉のドレイクを生け贄に捧げる。この能力は、その対象が不正になったとしても解決される。

3/3


Crackling Drake / 弾けるドレイク (青)(青)(赤)(赤)
クリーチャー — ドレイク(Drake)

飛行
弾けるドレイクのパワーは、追放領域かあなたの墓地にあり、あなたがオーナーであり、インスタントかソーサリーであるカードの枚数に等しい。
弾けるドレイクが戦場に出たとき、カードを1枚引く。

*/4

初出はレジェンドミラージュ・ブロックで多くのドレイクが登場した。コンスタントに登場しているタイプだが、ドラゴンと違い伝説のクリーチャー部族カードは存在しない。ミラージュ紺碧のワイヴァーン/Cerulean Wyvernクリーチャー・タイプは当初「ワイヴァーン」であったが、後にドレイクに統合された。銀のワイヴァーン/Silver Wyvernなど、テンペスト以降のカード名に「ワイヴァーン/Wyvern」を含むクリーチャーはすべて最初からドレイクである。

ドラゴンと違いに多く、次点は多色まで含めればすべてのに存在する。

小型のドラゴンという容姿に倣って小型中型のものが多く、パワータフネスの合計が8以上のドレイクはわずかしか存在しない。いずれも飛行を持つが、その他の能力にこれといった共通点は無い。コモンアンコモンで手に入るそこそこのサイズの飛行クリーチャーなので、リミテッドで重宝する。特に風のドレイク/Wind Drakeフライヤーの基準として有名である。

ドレイク・トークン生成するカード木の葉ドレイクの休息地/Leafdrake Roostターランドの発動/Talrand's Invocation空召喚士ターランド/Talrand, Sky Summonerドレイクの安息地/Drake Havenがある。いずれも2/2飛行のドレイク・トークンを生成する。

  • 英語でdrakeというと、酔っぱらいのことを指す語でもある。ファンタジーの用語に疎いアーティストが、誤って酔っぱらいを描いてしまったこともあった[1]
  • 開発部データベースはかつてマルチバース/Multiverseと呼ばれていたが、2016年ごろからはドレイク/Drakeと呼ばれるようになった。

[編集] ストーリー

ドミナリア/Dominariaのドレイクとドラゴンは共にエルダー・ドラゴン/Elder Dragonの末裔であるが、これらは同一ではなく、ある程度の力の差がある。ただしこれは「ドレイクは弱くドラゴンは強い」というものではなく、相対的に弱いものをドレイク、力の強いものをドラゴンと呼ぶものと考えられる。
なお、一般的にはドレイクはドラゴンの別称とされることが多い(→参考)。

ドレイクはドラゴンの名をかたる ― 本物が現れないうちだけは。

[編集] 参考

  1. 25 More Random Things About Magic/続・マジックに関する25の雑多な話Making Magic -マジック開発秘話- 2016年6月20日 Mark Rosewater著)
QR Code.gif