議事会の騎兵/Conclave Cavalier

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Conclave Cavalier / 議事会の騎兵 (緑)(緑)(白)(白)
クリーチャー — ケンタウルス(Centaur) 騎士(Knight)

警戒
議事会の騎兵が死亡したとき、警戒を持ち緑であり白である2/2のエルフ(Elf)・騎士(Knight)クリーチャー・トークンを2体生成する。

4/4

4マナ4/4警戒の本体に加え、死亡時に2/2警戒が2体現れる、緑白騎士ケンタウルス

かのワームとぐろエンジン/Wurmcoil Engineを彷彿とさせる死亡時に2体のクリーチャートークンに分裂するような性質を持ち、その縮小版とも言えるコスト・パフォーマンスに優れた性能を持っている。単純に考えて4マナで4/4二体分に相当し、単体除去全体除去布告除去に強く、これ1枚を対処するために大抵の場合カードを複数枚消費しなければならず、カード・アドバンテージで優位に立ちやすい。

ただしワームとぐろエンジン同様、追放されてしまうとトークンが生成されないことには注意が必要。溶岩コイル/Lava Coilヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt議事会の裁き/Conclave Tribunal残骸の漂着/Settle the Wreckageなど、登場時点のスタンダード環境には実用的な追放除去が複数存在するため、思った通りの活躍ができないことも少なくない。

スタンダードではミッドレンジ寄りの白緑ビートダウンに採用されることがあるが、結果は芳しくない。本体もトークンも騎士であることから、ベナリア史/History of Benaliaを使った騎士デッキを組む際に候補となる。

リミテッドでも単にサイズと警戒だけで十分戦力として数えられ、PIG能力で後続まで用意できる優秀なクリーチャーが合うならまず間違いなく入るだろう。

  • ラヴニカのギルド発売に先駆けて、月刊コロコロコミックの兄弟誌「コロコロアニキ」の付録として初公開された[1]
  • プレビュー当時、四つ足のケンタウルスから二足の騎士が2人出てくるという能力から「本当は馬のハリボテに人が入っているだけではないか?」という冗談がネット上を流れた。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカのギルドアンコモンの2クリーチャーサイクルマナ・コストは2種類のマナ・シンボルを2個ずつ含む4マナ

[編集] 参考

  1. 参考 コロコロオンライン(2018年9月17日)
QR Code.gif