聖堂の鐘憑き/Basilica Bell-Haunt

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Basilica Bell-Haunt / 聖堂の鐘憑き (白)(白)(黒)(黒)
クリーチャー — スピリット(Spirit)

聖堂の鐘憑きが戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれカード1枚を捨て、あなたは3点のライフを得る。

3/4

ETBで各対戦相手への手札破壊と、自分へのライフ回復をもたらす白黒スピリット

泥棒ネズミ/Burglar Rat治癒の軟膏/Healing Salveを合わせて1マナ足したら+2/+3のボーナスを得た格好で、色拘束の強さに見合う良好なコスト・パフォーマンス。確実なハンド・アドバンテージライフ・アドバンテージを見込めるが、ひとつひとつは劇的な効果でないため、メインデッキよりはサイドボードからの登用に向くだろう。アグロデッキに対しては手札からクロックを抜き取り、火力一発分のダメージを帳消しにし、自身は堅実なサイズブロッカーと、3重の防壁として働いてくれる。

  • "Bell-Haunt"をそのまま訳すと「鐘の憑依者」といったニュアンスになるが、鐘を鳴らす「鐘撞き」にかけて「鐘憑き」と上手く訳されている。イラストフレイバー・テキストを見るに、実際に鐘を鳴らす撞き手の役目を帯びているようだ。
その鐘の音は、債務が期限に達したときにのみ聞くことができる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ラヴニカのギルドラヴニカの献身アンコモンの2クリーチャーサイクルマナ・コストは2種類のマナ・シンボルを2個ずつ含む4マナ

ラヴニカのギルド
ラヴニカの献身

[編集] 参考

QR Code.gif