屈折の罠/Refraction Trap

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Refraction Trap / 屈折の罠 (3)(白)
インスタント — 罠(Trap)

このターン、対戦相手1人が赤のインスタント呪文かソーサリー呪文を唱えていたなら、あなたはこの呪文のマナ・コストを支払うのではなく(白)を支払ってもよい。
クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。このターン、あなたが選んだ発生源1つから、あなたかあなたがコントロールするパーマネント(それらの組み合わせでもよい)に与えられる次のダメージを3点軽減する。これによりダメージが軽減されたなら、屈折の罠は同じ点数のダメージをそれに与える。


ワールドウェイクは、インスタントソーサリーに反応し、ダメージを3点まで跳ね返す。名誉の道行き/Honorable Passageの亜種と言える。

環境に存在する、似た機能の危害のあり方/Harm's Wayと競合することになる。対処できるダメージの最大値は増えているが、対戦相手が赤でないとかなり重いのが難点。

ミラディンの傷跡後のスタンダードにおいてはサイドボード挿されることもあった。主にはゴブナイト対策であるが、環境に最強火力と名高い稲妻/Lightning Boltがおりタッチで採用しているデッキも珍しくないため。

[編集] ルール

  • 対象をとるのは与え返す先のクリーチャープレインズウォーカープレイヤーだけである。ダメージを与える発生源解決時に選択する。
    • これの解決が終わった後は、対象が適正かどうかの確認は行われない。解決後に対象が被覆などを得たとしても、ダメージの与え返しは発生する。対象にダメージを与えることができない場合でも、ダメージの与え返しが発生しないだけで、軽減は行われる。
  • 代替コストで唱えたとしても、軽減するダメージの発生源に赤のインスタントやソーサリーを選ぶ必要はない。自分コントロールするパーマネントも選べる。
  • 軽減されるパーマネントは、選んだ発生源から実際にダメージが与えられる際に決定する。
  • 似た機能の危害のあり方とは違い、軽減効果の一部としてダメージを与える。ダメージの移し変え効果ではない。
  • 与え返すダメージの発生源は屈折の罠自身である。軽減したダメージの発生源ではない。
    • 例として地震/Earthquakeに対応してプロテクション(赤)を持つクリーチャーを対象としていても良い。この場合は屈折の罠が対象をとるので適正であり軽減後のダメージ発生源も白なのでダメージを与えることが可能である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ワールドウェイクアンコモンサイクル対抗色に関する条件を満たすことで、軽い代替コストで唱えることができる。

[編集] 軽減した分のダメージを与えるカード

軽減効果の一部としてダメージを与えるカード。軽減するダメージの範囲やダメージを与える先はそれぞれ異なるため注意。

[編集] 参考

QR Code.gif