スリヴァー (デッキ)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

スリヴァー(Sliver)は、スリヴァーを主力にした部族デッキの一種。

[編集] 概要


Muscle Sliver / 筋肉スリヴァー (1)(緑)
クリーチャー — スリヴァー(Sliver)

すべてのスリヴァー(Sliver)・クリーチャーは+1/+1の修整を受ける。

1/1


Crystalline Sliver / 水晶スリヴァー (白)(青)
クリーチャー — スリヴァー(Sliver)

すべてのスリヴァー(Sliver)は被覆を持つ。(それらは呪文や能力の対象にならない。)

2/2

スリヴァーを高速で展開し共有能力をベースに対戦相手に攻め込む。

エクステンデッド環境ではカウンタースリヴァーと呼ばれるデッキがメタの一角を占めていた。パワフルなスリヴァーを早いターンに展開することでクロックを形成し、それを少量の打ち消しで守るクロック・パーミッションデッキである。当時のネクロ・ドネイトに高い耐性を誇っていた。

その後、レギオンでもスリヴァーは追加されたが、トーナメントレベルになるまでには至らなかったようだ。

だが、時のらせんブロックで優秀なスリヴァーが追加されたため、野生のつがい/Wild Pairを使用したコンボデッキつがいスリヴァーが登場し、時のらせんブロック構築などで活躍を見せ始めている。

またレガシーでもカウンタースリヴァーの形で組まれる。筋力スリヴァー/Sinew Sliver筋肉スリヴァー/Muscle Sliverの「8筋肉」が実現したことにより、速度と打撃力が同時に、それも飛躍的に向上した。ビートダウンデッキ仕組まれた疫病/Engineered Plagueへの耐性を高めるため、板金スリヴァー/Plated Sliverが採用されることもある。

Pauperでも筋力スリヴァーと筋肉スリヴァーの「8筋肉」を軸とした緑白のビートダウンデッキが存在している。基本セット2014捕食スリヴァー/Predatory Sliverの収録により「12筋肉」となり、打撃力が向上した。

[編集] 主なデッキ

[編集] 参考

QR Code.gif