ボロスの反攻者/Boros Reckoner

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Boros Reckoner / ボロスの反攻者 (赤/白)(赤/白)(赤/白)
クリーチャー — ミノタウルス(Minotaur) ウィザード(Wizard)

ボロスの反攻者にダメージが与えられるたび、クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。ボロスの反攻者はそれに、その点数に等しい点数のダメージを与える。
(赤/白):ボロスの反攻者はターン終了時まで先制攻撃を得る。

3/3

自身にダメージ与えられるたびに同じ点数の火力飛ばすクリーチャー。1マナ先制攻撃得ることもできる。

戦闘だろうと火力による除去だろうとダメージを受けることがそのままアドバンテージに繋がる強力な能力を持っている。本体も3マナ3/3と無視できないサイズで、クロックとしてもブロッカーとしても高い性能を誇り、地上の攻防で大変頼りになる。人間ではないので流城の貴族/Stromkirk Nobleを止められる、ブロックされても対戦相手プレインズウォーカー忠誠カウンターを取り除けるなど、痒いところに手が届く性能である。

さらに先制攻撃を得られることで、頭でっかちを突っ込ませて、ディスアドバンテージ覚悟の相打ちを狙うことも困難。やや過剰なスペックとも思えるが、当時の環境で度々見かけたスラーグ牙/Thragtuskを一方的に打ち取れる、という意義は大きかった。先制攻撃を得るのにコストが必要なことも、一方的に打ち取れる相手でも前半の能力を活かすためにあえて先制攻撃を付与しない、ということができる点ではメリットである。

欠点は除去耐性の低さ。また火力への擬似的な除去耐性を除けばいずれの能力も対ビートダウン向けなので、コントロールが相手だと実質バニラ並の戦力になりやすいこと。トリプルシンボルであることも欠点だが、混成カードなので赤白を含むデッキなら見た目よりも扱いやすい。

ギルド門侵犯参入直後のスタンダード環境では大きな活躍を見せた。特に地上クリーチャーと火力を中心とする系ビートダウンに対して効果的であり、対策として火山の力/Volcanic Strengthまで採用されることがあるなど、メタゲームに大きな影響を与えた。

テーロス参入後は、1体でへのそれぞれの信心を3点確保できるため、信心を参照するカードとのシナジーも注目されるようになった。実際にプロツアー「テーロス」では赤単信心で活躍した。

リミテッドでも攻守に大きく活躍する。前のめりなデッキが中盤の主戦力として使うもよし、地上の守りに使って強請でジワジワ削るもよし。

[編集] 参考

QR Code.gif