プロツアー「テーロス」

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

プロツアー「テーロス/Pro Tour Therosは、2013年にアイルランドのダブリンで開催された、スタンダードブースター・ドラフトプロツアー

環境までの多色時代とは打って変わり、テーロスの新メカニズムである信心を中心に据えた単色デッキの活躍が目立った大会。

コントロールミッドレンジ・信心が三大戦略とされ、これらに属さない古典的なアグロデッキセレズニアアグロを除くと少数派であった。

初日時点での使用者数は、エスパーコントロール、セレズニアアグロ、青単信心およびグルールミッドレンジタッチ緑単ミッドレンジを含む)、赤単信心ナヤミッドレンジの順で多かった(参考/翻訳)。中でも青単信心の活躍は目覚ましく、同デッキタイプを使用したプレイヤーのほぼ半数が初日に4-1の好成績を残した(参考/翻訳)。

初日からの勢いそのままに青単信心がベスト8に3人進出し、同じデッキを使用するフランス勢2人が優勝・準優勝を飾った。

日本人プレイヤーでは、コロッサルグルールを使用した三原槙仁プロツアー「ドラゴンの迷路」に続けてのベスト4入賞を果たし、また使用者数の少なかった黒単信心を使用した山本賢太郎もベスト8に入賞した。

[編集] 基本データ

[編集] 上位入賞者

[編集] 参考

2013シーズン
ワールド・ウィーク ワールドカップ (東京予選 - 大阪予選 - 名古屋予選 ) - 世界選手権
プロツアー ギルド門侵犯(モントリオール) - ドラゴンの迷路(サンディエゴ) - テーロス(ダブリン)
グランプリ
第1シーズン インディアナポリス - デンバー - アトランティックシティ - シンガポール - ビルバオ - シドニー - ロンドン - ケベックシティ - シャーロット - 横浜 - ヴェローナ - リオデジャネイロ - サンディエゴ - ユトレヒト - ピッツバーグ
第2シーズン ストラスブール - ポートランド - 北京 - グアダラハラ - プロビデンス - ヨーテボリ - ヒューストン - ラスベガス - バンコク - マイアミ - カンザスシティ - カルガリー - リミニ - ワルシャワ
第3シーズン 北九州 - オークランド - プラハ - デトロイト - オクラホマシティ - ブリスベン - ルイビル - 香港 - アントワープ - サンティアゴ - ヴァレンシア - ワシントンDC - アルバカーキ - 京都 - トロント - ウィーン
その他 ヴィンテージ - レガシー - 日本レガシー
1995-19961996-19971997-19981998-19991999-20002000-20012001-20022002-20032003-20042004-2005200620072008200920102011201220132014201520162017
QR Code.gif