前線の衛生兵/Frontline Medic

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Frontline Medic / 前線の衛生兵 (2)(白)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

大隊 ― 前線の衛生兵と少なくとも2体の他のクリーチャーが攻撃するたび、あなたがコントロールするクリーチャーはターン終了時まで破壊不能を得る。
前線の衛生兵を生け贄に捧げる:マナ・コストに(X)を含む呪文1つを対象とする。それのコントローラーが(3)を支払わないかぎり、それを打ち消す。

3/3

大隊で自軍全体に破壊不能を持たせるクレリックX呪文打ち消す能力も備えている。

複数のクリーチャー攻撃することで戦闘で討ち取られやすくなるという大隊の弱点を、これがあれば補うことができる。ターン終了時まで破壊不能は継続するため、戦闘後メイン・フェイズ全体除去を撃って敵軍だけ壊滅させるようなプレイングも可能。特に除去を戦闘やコンバット・トリックで行うことの多いリミテッドでは、場合によってはこれ1枚でゴリ押しできてしまう支配的な能力である。

には珍しいカウンター能力も備えているが、対象が限定的かつマナ支払うことで回避できるものなので、実際に打ち消せる可能性はそれほど高くない。とはいえ、できるだけXを大きくして撃ちたいX呪文に対して3マナ残すことを半ば強制できるというのは牽制として十分である。登場時のスタンダードでは、スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelation忌むべき者のかがり火/Bonfire of the Damnedラクドスの復活/Rakdos's Returnが幅を利かせており、同エキスパンションにもオレリアの憤怒/Aurelia's FuryというX火力が存在するので、この能力が役に立つ場面も多いだろう。

サイズシングルシンボルの3マナ3/3でデメリットも皆無と優秀で、様々なデッキに投入できる。

[編集] 開発秘話

前線の衛生兵が持つ打ち消し能力は、主に忌むべき者のかがり火/Bonfire of the Damnedを意識して持たされたものである(Storming the Gatecrash, Part 1/翻訳)。

環境の健全化のために忌むべき者のかがり火対策となる能力をいずれかのカードに持たせる必要があったが、上手くはまるカードが見つからなかったため、比較的フレイバーの近い、すなわち(忌むべき者のかがり火対策と考えた場合)「他のクリーチャーを守る」というフレイバーを持ったこのカードに能力が与えられた。結果的に、カードとして優秀ではあるが、デザインとして不格好になっていることを認めている。

[編集] 参考

QR Code.gif