プレミアム・カード

提供:MTG Wiki

プレミアムカードから転送)
移動: 案内, 検索

プレミアム・カード/Premium Cardは、ウルザズ・レガシーから登場した、光沢を出す箔押し加工を施した光っているカード。Foilフォイル)と呼ばれることが多い。また、キラカード、箔押しカード、光り物などと呼ばれることもある。

  • Foilは金属の薄片、箔の意。アルミホイルの「ホイル」と同じ。発音から間違われやすいが、Hoilではない。
  • ここでは撃退/Foilとは関係ない(Foilには「失敗させる、打ち負かす」という意味もある。なんだかややこしい)。

目次

[編集] 解説

トーナメントで使用する際は注意が必要となる場合がある(後述)ため、どちらかと言うとトーナメントでの使用よりもコレクション的要素が強く、そのため強力なカードよりもイラストの美しいカードの方が高価となることが多い。特に天使は美麗なイラストが多く、コレクターも多いので、トーナメントレベルではないレアの天使のプレミアム・カードがトーナメントにおけるトップレアのプレミアム・カードよりも高価となることがよくある。

ブースターパックに封入されている割合は、ウルザズ・レガシーからオデッセイまでは100枚に1枚、トーメント以降は70枚に1枚(第10版のみ56枚に1枚)、アラーラの断片より67枚に1枚(コンパクトブースターでは74枚に1枚)となっている。カラデシュ以降は特殊なプレミアム・カードであるMasterpiece Seriesのカードが封入されている場合もある。購入したパックに封入されている以外にも、フライデー・ナイト・マジックの賞品やジャッジ褒賞など、さまざまなプレミアム・カード仕様のプロモーション・カードが配布されている。

基本セット2015以降のカード枠のカードでは、文章欄下部のコレクター情報でもプレミアム・カードであることを判断できるようになっている。詳細は新枠#基本セット2015以降のカード枠を参照。

[編集] カードセット別注釈

  • プレーンシフトにはプレミアム版のみイラストが違うものがある。また、それらは通常のイラストでのプレミアム・カードも存在する。詳細はプレーンシフトの項を参照のこと。
  • 第10版のプレミアム・カードは、本来あるべき注釈文がすべて省略されている。その中には、プレミアム・カード限定のフレイバー・テキストをもつものも存在する。
  • アラーラの断片の日本語版ではプレミアム・カードと普通のカードの製造工程が違うのか、文章欄のすべての数字が半角で印刷されている。またカードによっては、プレミアム・カードと普通のカードでカード名やフレイバー・テキストが異なるものが数多くある。
  • 運命再編の一部のプレミアム・カードには、特殊なホログラムの透かしが印刷されている。詳細は運命再編の項を参照のこと。

[編集] マークドの可能性

プレミアム・カードは、通常のカードと同じようにゲームで使用できる。認定大会プレミアイベントでの使用も何ら問題はない。しかし、プレミアム・カードには独特の反りが発生しやすいことから、プレミアイベントなどではマークドを疑われるという問題を引き起こすことがある。

反りが発生している状態のカードをデッキに入れると、たとえ固めのスリーブに入れていても曲がっているのが一見で分かり、外部から容易に区別がつくようになってしまう。「ある1種類のカードのみがプレミアム・カード」などといった場合は特にマークド扱いされやすい。

プレミアム・カードに限らず、反りやクセが発生している状態のカードはデッキに採用しないか、あるいは他のカードと全く区別がつかない状態に戻しておくことが望ましい。反りを戻す方法としては除湿剤を用いる方法、押し花と同様の手段でプレスする方法などがあるが、詳細は外部の検索エンジンなどで各自調べて頂きたい。

  • プレミアム・カードが反り返ってしまう原因としては、表面と裏面では加工により吸湿率に差があり、箔押しの面と箔押しでない紙の面で面積が異なってしまうことが挙げられる。特に湿度の高い日本では反りが顕著になりやすい。
    • 両面カードのプレミアム・カードは両面が箔押しの加工をしてあるので、吸湿により反り返ることがない。

[編集] 参考

QR Code.gif