ラバイア/Rabiah

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ラバイア/Rabiahは、現実世界のアラビアンナイトを元にした、中世アラビアの雰囲気を持った次元/Plane

1001の世界の集合体で、それぞれが互いの分身である。アラビアンナイトの人物が伝説でないのは、同一人物でも1001の異なる姿を持つためと説明される。多くのジンイフリートの住む次元でもある。

ラバイアでは、5人しか分身をもたない者が1人になる時、史上最強の魔術師が誕生する、と伝えられる。その宿命の人物がテイザー/Taysirである。分身を統合したテイザーは、長い間、最強のプレインズウォーカー/Planeswalkerの名を欲しいままにした。

目次

[編集] 地名

[編集] 登場

登場カード

[編集] 訳語

「Rabiah」は、ビジョンズスレイマンの遺産/Suleiman's Legacyと、続く第5版魔術師の女王/Sorceress Queenの両方のフレイバー・テキストで「ラバイア」と訳されている。

ただし、アメコミ版アラビアンナイトの巻末の発音ガイドで「RA-bee-ah」とされており、ポケットプレイヤーズガイド日本語版では「ラービア」と発音ガイドと同じように翻訳されている。

  • ラバイア(Rabiah)はアラビア(Arahbia)の捩り。

[編集] その他

Mark Rosewaterは、今までに登場した次元の中で最も再登場する可能性が低い次元としており[1]、各次元が再登場する可能性を評価した値を(ストーム値にちなみ)ラバイア値/The Rabiah Scaleとして発表している[2]

[編集] 脚注

  1. BlogatogMark Rosewaterのブログ)
  2. The Rabiah Scale(同上)

[編集] 参考

QR Code.gif