ラノワールのビヒモス/Llanowar Behemoth

提供:MTG Wiki

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
 
25行: 25行:
 
*[[レーデヴの勇者/Ledev Champion]] - (1)(緑)(白)2/2。[[攻撃]]時にしか使えない[[誘発型能力]]。(3)(緑)(白)で1/1[[絆魂]][[トークン]]の[[生成]]も出来る。([[ラヴニカのギルド]])
 
*[[レーデヴの勇者/Ledev Champion]] - (1)(緑)(白)2/2。[[攻撃]]時にしか使えない[[誘発型能力]]。(3)(緑)(白)で1/1[[絆魂]][[トークン]]の[[生成]]も出来る。([[ラヴニカのギルド]])
 
*[[包囲戦の打撃者/Siege Striker]] - (2)(白)1/1[[二段攻撃]]。攻撃時にしか使えない誘発型能力。([[基本セット2021]])
 
*[[包囲戦の打撃者/Siege Striker]] - (2)(白)1/1[[二段攻撃]]。攻撃時にしか使えない誘発型能力。([[基本セット2021]])
 +
タップするわけでは無いが、攻撃に参加させなかったクリーチャー数を[[アタッカー]]1体への修整値に変換できる点では、[[賛美]]や[[結び蔦の聖騎士/Knotvine Paladin]]などの能力も使用感としては近しい。
 
==参考==
 
==参考==
 
*[[タップ・アウトレット]]
 
*[[タップ・アウトレット]]

2022年1月23日 (日) 17:06時点における最新版


Llanowar Behemoth / ラノワールのビヒモス (3)(緑)(緑)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャーを1体タップする:ラノワールのビヒモスはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。

4/4

クリーチャーを1体タップするごとに+1/+1の修整を得られるクリーチャー。戦闘に参加させたくないシステムクリーチャーや、攻撃に参加しても破壊される小型クリーチャーを無駄なく利用することができる。

ただし、回避能力がないことは大きな欠点。いくら強化してもチャンプブロックによってダメージを通せない、という状況になりやすい。

その点、リミテッドでは強力。5マナ4/4の時点で充分な性能だが、やはり能力が堅固。チャンプブロックを強要できる盤面では、着実にアドバンテージを稼いでくれる。

  • ブロッカーにするなら単体で5/5として使える。
  • 初出時はビヒモス/Behemothという特有のクリーチャー・タイプを持っていた。しかし、その後に登場した「ビヒモス」と名のつくカードにはビヒモスのクリーチャー・タイプが与えられず、第9版再録される際に、このカードもビヒモスからエレメンタルに変更された。
  • 第8版の日本語版カードには「ターン終了時まで+1/+の修整を受ける。」とタフネス修整値が欠落している誤植がある。

[編集] 関連カード

[編集] 主な類似カード・変形版

アンタップ状態の自分のクリーチャーをタップする事でパンプアップするクリーチャー。特記しない限り+1/+1修整。

タップするわけでは無いが、攻撃に参加させなかったクリーチャー数をアタッカー1体への修整値に変換できる点では、賛美結び蔦の聖騎士/Knotvine Paladinなどの能力も使用感としては近しい。

[編集] 参考

QR Code.gif