ラノワール/Llanowar

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ラノワール/Llanowarドミナリア/Dominariaの大森林、あるいは、この地域に住むエルフのこと。ここでは前者について解説する。

  • Llanowarは、war on all(すべてとの戦い)のアナグラムになっている。

目次

[編集] 解説

ラノワールはドミナリア/Dominariaでも有数の緑マナ豊かな原始林。獰猛な戦士で外国人嫌いなエルフの住人で知られる。その広さは、端から端まで数百マイルから最大1千マイル以上にも達し、1万平方マイルにも及ぶ。少なくとも3つの大河が北の山地帯から南の海へと森を蛇行して流れ、西の流れは下流で集まって湖を成している。

ラノワールの森はドミナリアのドメインズ/The Domains地方の南エローナ/Aerona大陸に位置する。北から東にかけて鉄爪山脈/Ironclaw Mountainsに面し、北西にKb'Briann Highlands、西南にダークウッド/Durkwood、距離を置いて西にベナリア/Benaliaがある。南には東から西にErg Mirab(ミラブ砂丘)Tonga Mountains(トンガ山脈)の北端地域、Fors Basin(フォルス盆地)があり、境界線の大部分はミラブ砂丘が占めている。

[編集] 森の守護者

ラノワールには強力な守り手がいる。女神と崇められるプレインズウォーカー/Planeswalkerフレイアリーズ/Freyaliseと、森の化身たるマローの魔術師のモリモ/Molimoである。

[編集] ラノワールのエルフ

→詳細はラノワールのエルフ/Llanowar Elves (ストーリー)鉄葉/Steel Leafエルフェイム/Elfhameを参照。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

[編集] 登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif