赤茶単アカデミー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

赤茶単アカデミー(Artifact Red Academy)は、MoMaの冬の真っ直中であった1998年末に作られたアンチMoMaデッキの1つ。The Finals98石田格が使用した。

[編集] 概要


Tolarian Academy / トレイリアのアカデミー
伝説の土地

(T):あなたがコントロールするアーティファクト1つにつき(青)を加える。



Fireball / 火の玉 (X)(赤)
ソーサリー

この呪文を唱えるためのコストは、2つ目以降の対象1つにつき(1)多くなる。
好きな数のプレイヤーやプレインズウォーカーやクリーチャーの組み合わせを対象とする。火の玉はそれらに、Xを端数を切り捨てて均等に割った点数に等しい点数のダメージを与える。


当時のデッキには、対戦相手トレイリアのアカデミー/Tolarian Academyを封じるためだけにトレイリアのアカデミーを4枚積みするものも多かったが、このデッキは軽いマナ・アーティファクトを並べてMoMaと同じようにトレイリアのアカデミーを利用している。そうして生み出された大量のマナからさらにアーティファクトを並べ、最終的には火の玉/FireballなどのX火力で勝負を決める。

上記の説明や下記のデッキリストを見てもらえればわかるが、後に世界選手権99を征した赤茶単とはかなり異なる。

また、同じ時期に作られた同じ茶単のアンチMoMaデッキとして、デレロー/Derelor陰極器/Cathodion愚鈍な自動人形/Mindless Automatonを主力とした「黒茶単アカデミー」が存在する。こちらはThe Finals98で中村聡が使用した。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (4)
4 陶片のフェニックス/Shard Phoenix
インスタント・ソーサリー (15)
3 地震/Earthquake
4 火の玉/Fireball
4 火葬/Incinerate
4 ショック/Shock
エンチャント・アーティファクト (18)
4 魔力の櫃/Mana Vault
4 呪われた巻物/Cursed Scroll
4 無のブローチ/Null Brooch
2 ファイレクシアの処理装置/Phyrexian Processor
4 通電式キー/Voltaic Key
土地 (23)
15 山/Mountain
4 不毛の大地/Wasteland
4 トレイリアのアカデミー/Tolarian Academy
サイドボード
1 地震/Earthquake
4 紅蓮破/Pyroblast
2 破壊的脈動/Shattering Pulse
4 溶融/Meltdown
4 ボトルのノーム/Bottle Gnomes

[編集] 参考

QR Code.gif